[PR]このサイトにはプロモーションが含まれます。

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる方法!自動貸付なら即日・審査不要で借入できる

ゆうちょ

  • ゆうちょ銀行からお金を借りる方法は?
  • ゆうちょ銀行でいくらまで借りられる?

お金を借りる手段として、ゆうちょ銀行が挙げられます。

「消費者金融よりも、ゆうちょ銀行の方が安心してお金を借りられる!」という人もいると思います。

ゆうちょ銀行では、貯金担保自動貸付けや口座貸越サービス、JP BANK カードなどの方法でお金を借りられます。

この記事ではゆうちょ銀行でお金を借りる方法や、注意点、ゆうちょ銀行以外におすすめの借入先などを紹介します。

郵便局(ゆうちょ銀行)で定額貯金や定期貯金の契約をしている人であれば、ATMや窓口でお金を引き出すだけで借入できます。
この記事のポイント
  • 貯金担保自動貸付は定期貯金や定額貯金があれば審査不要で借りられる
  • 契約手続きをするには平日に窓口に行く必要がある
  • 無職でもブラックでも借りられる
  • 郵便局(ゆうちょ銀行)の自動貸付の金利は1.0%未満
  • 財産形成貯金担保貸付・国債等担保自動貸付は新規受付終了
  • おすすめの借入先は、はじめてなら30日間金利0円の『アコム』がおすすめ

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる方法は3つゆうちょ_借り方

ゆうちょ銀行では、お金を借りる方法が3つあります。

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる方法

貯金担保自動貸付

貯金担保自動貸付は、通常貯金の残高を超える払い戻し請求があった時にその不足分が自動的に貸し付けられる制度です。

貸付金額の上限は預入金額の90%以内(総合口座1口座につき300万円まで)で、返済は貸付金額と貸付利子の相当額を通常貯金に預入しておくことで、自動的に引き落とされる仕組みです。

例えば、15万円を引き出したい時に貯金残高が10万円しかなければ最大10万円しか引き出せませんが、貯金担保自動貸付を利用すれば不足分の5万円も追加で引き出せるということです。

貯金担保自動貸付の基本情報は、以下の通りです。

貸付金額の上限 預入金額の90%以内(総合口座1口座につき300万円まで)
返済方法 貸付金額と貸付利子の相当額を通常貯金に預け入れることで自動的に引き落とされる
返済回数 制限なし
最低返済額 制限なし

参考:貯金担保自動貸付け

口座貸越サービス

口座貸越サービスは、ゆうちょ銀行が不足額を自動的に融資するサービスです。

払い戻し(引き出し)や公共料金・クレジットカードの引き落とし、家賃の引き落としなどで通常預金の口座残高が不足する場合に利用できます。

いつものキャッシュカード・通帳で借入ができ、残高不足時は自動で融資してくれるので手間がかかりません。

金利は年14.0%で、最大30万円の借入が可能です。

また、入会金も年会費もかからないため、利用のハードルも低いのが特徴です。

利用対象者 ・日本国籍を有する方または永住許可等を受けている外国人の方
・契約時の年齢が満20歳以上70歳以下の方
・ゆうちょ銀行の通常貯金を保有している方(通常貯蓄貯金は除く)
・安定した収入があり、継続してお取引が見込まれる方(年金収入も可、また無職の既婚者の方で配偶者がこの条件に該当する方)
・ゆうちょ銀行所定の保証会社の保証を受けられる方
使いみち 自由
※ただし事業性資金は除きます。
ご利用極度額 利用極度額の範囲内で1円単位とします。
借入方法 自動融資機能を利用したお借り入れが可能です。

参考:口座貸越サービス

JP BANK カード

JP BANK カードは、ゆうちょ銀行が発行しているキャッシュカードとクレジットカード一体型のカードです。

初年度は年会費が無料で、翌年以降も年1回以上の利用で年会費が無料になります。

ゆうちょ銀行のキャッシュカード1枚に、クレジット機能を追加できます。

カードが1枚だから財布のスペースを確保する必要もありません。

また、公共料金や家賃の支払いなどに使うだけで、1,000円ごとに1ポイントが付与されます。(1ポイントあたり5円相当)

インターネットショッピング時に経由するだけでポイントが2倍~最大20倍になる、お得なポイント優待サイトもあり、ポイントを貯めやすいというメリットもあります。
お申し込み対象者 高校生を除く満18歳以上の方(家族会員も同じ)
年会費 初年度:無料
翌年度以降1,375円
お支払日 毎月末日締、翌月26日請求
ポイント クレジットカードでのショッピング1,000円ごとに1ポイント付与
旅行傷害保険等 なし
電子マネー WAON/iD/PiTaPa

参考:JP BANK カード

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる方法

ここでは、ゆうちょ銀行の自動貸付で借入する方法を紹介します。

STEP.1
申込
まずは、ゆうちょ銀行、または郵便局の窓口にて申込をします。

自動貸付の申込には、通帳やキャッシュカードの他に本人確認書類などを提出する必要があります。

また、お届け印(銀行印)も必要になるので、忘れずに持っていきましょう。

STEP.2
審査

ゆうちょ銀行の自動貸付は、定額預金や定期預金があれば審査不要です。

STEP.3
借入

手続きが完了すると、キャッシュカードや通帳を使っていつでもATMから引き出しができるようになります。

担保となる定額預金や国債を持っていればすぐに契約でき、即日融資も可能です。

なお、借入の際は普段使用しているゆうちょ銀行のキャッシュカードを使うため、混雑していても周囲にお金を借りていることがバレることはありません。

STEP.4
返済

お金を借りた後は、当然返済しなければいけません。

ゆうちょ銀行の自動貸付では、通常預金に預入しておくだけで完了です。

普段使用しているキャッシュカードや通帳で預金に預入をすると、自動的に返済できる仕組みです。

なお、自動貸付には回数制限がなく、自分の好きなタイミングで何度でも借入できます。

返済する時のことも考えて、無理のない範囲でお金を借りるようにしましょう。

郵便局(ゆうちょ銀行)の自動貸付の金利は1.0%未満

ゆうちょ銀行の自動貸付の金利は、カードローンよりも低い1.0%未満です。

実際の約定利率は契約内容によって決められますが、貸付金利は以下の通りです。

MEMO
  • 担保定額貯金を担保とする場合:返済時の約定金利(%)+0.25%
  • 担保定期貯金を担保とする場合:預入時の約定金利(%)+0.5%

このように、ゆうちょ銀行の自動貸付は低金利で借りられるのもメリットです。

郵便局(ゆうちょ銀行)の自動貸付に担保や保証人必要?

ゆうちょ銀行の自動貸付の自動貸付は定額預金や定額預金を担保にする必要があるため、そもそも定額預金や定期預金がない人は利用できません。

無担保融資を希望するなら、他のカードローンやクレジットカードのキャッシングなどを検討する必要があります。

しかし、ゆうちょ銀行の自動貸付は有担保融資でも低金利で借りられたり、審査不要で即日融資を受けられるなどのメリットがあります。

ちなみに、自動貸付は保証人不要で申込ができます。

郵便局(ゆうちょ銀行)の自動貸付を利用するためには来店が必須

ゆうちょ銀行の自動貸付を利用するためには、必ずゆうちょ銀行か郵便局の窓口での契約手続きが必要です。

Web・アプリ完結で申込をすることはできません。

来店が必要であるということは、営業時間内(平日9:00〜16:00)に出向き、手続きをしなければいけないということです。

平日仕事や育児で忙しい人からすると、この点がどうしてもネックになってしまうでしょう。

平日に休みをとって契約手続きをする必要があることを理解しておく必要があります。

審査がないから無職でも借りられる

ゆうちょ銀行の自動貸付は定額預金や定期預金を担保にすることもあり、審査不要で即日融資を受けられます。

そのため、無職でもキャッシングできるということです。

通常、カードローンや他の融資サービスでも無職の方が利用できるものは少ないです。

ゆうちょ銀行の自動貸付なら、定額預金や定期預金に残高があれば無職でも借りられます。

しかも審査不要で申込ができるから、他のカードローンの審査に落ちてしまった人にもおすすめです。

未成年でも、担保があれば親にバレずに借りることもできます。

返済できなかったら定期預金が自動的に解約となる

ゆうちょ銀行の自動貸付で借りたお金は、当然ですが返済する義務があります。

ですが、もしも返せなかった場合、担保である定期預金が自動的に解約となり、返済に充てられます。

せっかくこれまで長期的に積み立ててきた定期預金が解約になってしまうのは、デメリットに感じることが多いです。

しかし、カードローンのように返済できなかった場合に遅延損害金を請求されることはないため、こちらはメリットだと言えるでしょう。

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる際の注意点ゆうちょ_注意点

ここからは、ゆうちょ銀行でお金を借りる際の注意点を紹介します。

カードローン「したく」は利用できない

カードローン「したく」は、2018年10月31日を持って新規受付を終了しました。

カードローン「したく」はゆうちょ銀行のカードローンのようなもので、20歳以上で安定した収入があれば最大500万円まで借入できました。

全国に数多くある郵便局のカードローンということもあり、使い勝手がよく利用されていた人も多いと思います。

しかし、現在カードローン「したく」の新規受付は終了しています。

財産形成貯金担保貸付・国債等担保自動貸付は新規受付終了

ゆうちょ銀行には財形預金を担保に借りる財産形成貯金担保貸付と、購入済みの国債を担保に借りる国債等担保自動貸付がありましたが、どちらも新規受付を終了しています。

利用できる担保貸付は、貯金担保自動貸付のみでです。

現在申込みできる貯金担保自動貸付けはATMで借入れ可能です。

郵便局(ゆうちょ銀行)以外におすすめの借入先ゆうちょ_以外カードローン

ここからは、ゆうちょ銀行以外におすすめの借入先を紹介します。

定期預金や定額預金の残高がなくて借りられない人や、平日窓口で契約手続きをする時間がない人は以下の借入先がおすすめです。

※表は横にスクロールできます。

アコム
郵便局からお金を借りる_アコム
レイク
レイクのカードローン
プロミス
プロミスのカードローン
SMBCモビット
SMBCモビットのカードローン
楽天銀行スーパーローン
楽天銀行スーパーローン
金利 3.0~18.0% 4.5~18.0% 4.5〜17.8% 3.0~18.0% 1.9〜14.5%
限度額 1万円~800万円 1~500万円 1〜500万円 1~800万円 10〜800万円
審査時間 最短20分 最短15秒
※Web申込の場合
最短20分 最短30分 最短即日
融資スピード 最短20分 最短25分融資
※Web申込の場合
最短20分 最短60分 最短即日
無利息期間 30日間
※契約日の翌日から
最大180日間
※5万円以下の借入の場合
最大30日間
※初回借入の翌日から
適用なし 適用なし
WEB完結
申込条件 20歳以上 満20〜70歳以下 18歳~74歳以下 満20~74歳以下 満20〜62歳以下
学生/パート/アルバイト/ パート/アルバイト/でも可 パート/アルバイト/でも可

カードローン取り扱い業者数カードローン借入経験者に重視されたポイント

アコムのカードローンは、はじめてなら30日間金利0円

郵便局からお金を借りる_アコム

金利 3.0~18.0% 限度額 1万円~800万円
審査時間 最短20分 融資スピード 最短20分
無利息期間 30日間
※契約日の翌日から
WEB完結
申込条件 20歳以上 学生/パート/アルバイト/
アコムのカードローンの特徴
  • はじめてなら30日間金利0円
  • 最短20分融資が可能
  • 利息はご利用日数分だけ
  • 返済方法が豊富で利便性が高い
  • 家族や職場にバレずに借入ができる

アコムのカードローンは、初めてご利用の方は契約日の翌日から30日間、金利が0円で最短20分の融資にも対応しており、初心者でも安心のカードローンです。

希望によってカードレスの契約が可能で、自宅に郵送物が届くことはありません。

借入や返済はインターネットや電話による振込も可能で、24時間いつでも限度額の範囲内でお金を借りられます。

年齢条件を満たして安定した収入がある人であれば貸付の対象で、アルバイトの学生、パートの主婦でも借入できます。

公式サイトでは「年齢」「年収」「他社借入額」の3つの項目を入力するだけで審査結果が分かる3秒診断で、借入可能かを確認することも可能です。

アコムのカードローンの口コミ・評判

レイクのカードローンは最短25分融資が可能

レイクのカードローン

金利 4.5~18.0% 限度額 1~500万円
審査時間 最短15秒
※Web申込の場合
融資スピード 最短25分融資
※Web申込の場合
無利息期間 最大180日間
※5万円以下の借入の場合
WEB完結
申込条件 満20〜70歳以下 学生/パート/アルバイト/
レイクの特徴
  • 21時(日曜は18時)までの契約手続き完了で即日融資
  • どの消費者金融よりも長い無利息期間
  • 原則、電話での在籍確認なし

レイクは、SBI新生銀行が運営しているカードローンです。

他の消費者金融カードローンと比べても無利息期間が長いのが最大の特徴です。

Web申込限定の60日間利息0円サービス、5万円以下の借入なら最大180日間利息0円で利息負担を抑えた借入ができます。

申込はWebで完結し、借入も返済もスマホ一つで完結します。

契約後は、レイクアプリを利用することでセブン銀行ATMからすぐに融資を受けられるため、すぐにお金が必要な人にも最適です。

レイクの口コミ・評判

プロミスのカードローンはプロミスATM、三井住友銀行ATMの手数料が無料

プロミスのカードローン

金利 4.5〜17.8% 限度額 1〜500万円
審査時間 最短20分 融資スピード 最短20分
無利息期間 最大30日間
※初回借入の翌日から
WEB完結
申込条件 18歳~74歳以下 学生/パート/アルバイト/
プロミスの特徴
  • 最短20分の即日融資
  • 借入額50万円以下なら、原則収入証明書不要
  • 女性専用のレディースローンあり

プロミスは、「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」が提供するキャッシングサービスです。

急いでいる人のために最短20分で貸付を行っており、急にお金に困ってしまった場合でも対応してくれます。

融資までの手続きは全てWeb完結なので、来店の必要がありません。

他の大手消費者金融と同様に30日間の無利息サービスがあり、しかも適用が「契約日の翌日」ではなく「初回借入日の翌日」です。

そのため、契約後すぐに借入しなくても無利息期間が無駄になることはありません。

プロミスの口コミ・評判

SMBCモビットのカードローンは24時間ネット&スマホでキャッシング

SMBCモビットのカードローン

金利 3.0~18.0% 限度額 1~800万円
審査時間 最短30分 融資スピード 最短60分
無利息期間 適用なし WEB完結
申込条件 満20~74歳以下 学生/パート/アルバイト/ パート/アルバイト/でも可
SMBCモビットの特徴
  • Tポイント機能付でお得に利用できる
  • 原則電話での在籍確認がなく、周りに借入がバレない
  • 返済日は都合に合わせて選べる

SMBCモビットは、Web完結なら原則電話での在籍確認なしで借りられるカードローンです。

三井住友カード会社が運営するカードローンということもあり、初めてでも安心感があります。

金利は3.0~18.0%で、限度額は最高800万円と高額の融資にも対応しています。

SMBCモビットは銀行やコンビニなど提携ATMが約12万台あり、三井住友銀行のATMなら借入も返済も手数料はかかりません。

さらに、返済する度にTポイントが貯まり、貯まったTポイントは全国のさまざまなお店で使用できます。

SMBCモビットの口コミ・評判

楽天銀行スーパーローンは楽天会員であることで優遇を受けられる可能性がある

楽天銀行スーパーローン

金利 1.9〜14.5% 限度額 10〜800万円
審査時間 最短即日 融資スピード 最短即日
無利息期間 適用なし WEB完結
申込条件 満20〜62歳以下 学生/パート/アルバイト/ パート/アルバイト/でも可
楽天銀行スーパーローンの特徴
  • 金利は年1.9%~14.5%で比較的低め
  • パート・アルバイトでもお申込OK
  • 最大限度額は800万円で様々な用途に対応可能

楽天銀行スーパーローンは、楽天利用者に特におすすめのサービスです。

銀行が提供するカードローンで、一般的な消費者金融のカードローンよりも金利が低いのが大きなメリットです。

楽天会員なら、スーパーローンの利用額に応じて楽天ポイントが貯まったり、審査が優遇されるなどのメリットもあります。

利用するにあたって楽天口座の開設も不要で、今すぐ申込ができます。

月々の返済額は2,000円からと非常に余裕を持った返済が可能です。

楽天銀行スーパーローンの口コミ・評判

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる|Q&A

最後に、ゆうちょ銀行でお金を借りる方法に関するよくある質問に回答していきます。

ゆうちょ銀行ではいくらまで借りられる?

ゆうちょ銀行の担保自動貸付では、ゆうちょ銀行の定期預金に預けている金額の90%以内のお金を借りられます。

つまり、100万円の定期預金残高があるなら90万円以内まで借りられるということです。

通常貯金の残高が不足した時に自動で貸し付けてくれるので、手間もかかりません。

ゆうちょ銀行からなら無職でも借りられる?

担保自動貸付の対象になる方なら、無職でも借りられます。

自分の口座に定額貯金や定期預金があれば、審査不要なので無職でもブラックリスト入りしている人でも借りられます。

ゆうちょ銀行のマイナス表示は何ですか?

ゆうちょ銀行の担保自動貸付を利用した場合、貸付残高が「現在高(貸付高)」の欄にマイナス表示で記帳されます。

ATMや窓口で普通預金へ預入すれば、自動的に返済が行われてマイナス表記も消えます。

ゆうちょ銀行の自動貸付を返済できない場合はどうなりますか?

ゆうちょ銀行の自動貸付を返済できないと、担保となる定期貯金や定額貯金が自動的に解約になり、払い戻し金を返済に充てられて残りの分は普通預金に残ります。

遅延損害金が発生したり、信用情報に傷が付くことはありません。

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる|まとめ

この記事ではゆうちょ銀行でお金を借りる方法や、注意点、ゆうちょ銀行以外におすすめの借入先などを紹介してきました。

ゆうちょ銀行でお金を借りる方法は、「貯金担保自動貸付」「口座貸越サービス」「JP BANK カード」の3つです。

貯金担保自動貸付なら、定額貯金があれば契約手続きが完了したその日のうちにお金を借りることができ、審査も不要だから無職でも利用できます。

手続きをするには平日に出向く必要がありますが、郵便局(ゆうちょ銀行)は全国24,000以上の窓口があるため比較的借入しやすいです。

担保を持っていてお金に困っているなら、ゆうちょ銀行は大きな味方になってくれるでしょう。

※お金の学び舎では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社などから委託を受け広告収益を得て運用しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です