[PR]このサイトにはプロモーションが含まれます。

国からお金を借りる方法は?即日借りられる条件や手続きの方法などを徹底解説

即日お金が借りられる_国からお金を借りる方法は

  • 国や自治体からお金を借りる方法は?
  • 即日・無職でも借りられる公的融資制度はある?

このような悩みや疑問を持つ方は多いと思います。

お金に困った時、消費者金融や銀行からお金を借りられなくても公的融資制度なら借りられる可能性があります。

どの融資制度でも即日融資を受けることはできませんが、無職でもブラックでもお金を借りることは可能です。

この記事では、国や自治体からお金を借りられる公的融資制度を一覧で紹介します。

公的融資制度を利用すれば国からお金が借りられます。
この記事のポイント
  • 生活福祉資金貸付制度なら生活費として最大60万円借りられる
  • 求職者支援資金融資制度は「月額5万円または10万円×受講予定訓練月数」の融資を受けられる
  • 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度はさまざまな用途で使える資金を借りられる
  • 日本政策金融金庫の一般貸付はフリーランスや自営業者などを対象に最大7,200万円借りられる
  • 今すぐお金を借りたいなら消費者金融の『アコム』がおすすめ

国や自治体からお金を借りられる公的融資制度まとめ

公的融資制度まとめ

お金を借りたいけどどこからも借りられない場合、国や自治体からお金を借りることができます。

公的融資制度とは、国や地方公共団体や法律で認められた機関や団体が貸主となり、何らかの理由によって民間企業からお金を借りられない人を対象にした融資制度です。

消費者金融や銀行からお金を借りるのと比べて低金利で借りることができ、返済義務がないものもあります。

そんな公的融資制度の貸付条件をまとめましたので、参考にしてください。

貸付条件
生活福祉資金貸付制度 ・低所得者世帯
・高齢者世帯
・障がい者世帯
求職者支援資金融資制度 ・職業訓練受講給付金の支給決定を受けた方
・ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けた方
母子父子寡婦福祉資金貸付金制度 20歳未満の児童を扶養している配偶者のない女子または男子、寡婦等
教育一般貸付 世帯年収が790万円以下であること
看護師等修学資金 ・保健師、助産師、看護師及び准看護師の養成施設又は大学院修士課程に在学していること
・都外の養成施設等に在学している方は都内に住所があること
・成績優秀で心身健全な方経済的理由で修学が困難な方
・同種の修学資金を借りていない方
・卒業または修了後、(都内)指定施設または都内施設において引き続き5年以上、看護業務に従事する意思を有する方
日本政策金融金庫の一般貸付 幅広い世帯年収の方に対応

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、低所得者や高齢者、障がい者の生活を経済的に支えるとともに、在宅福祉や社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。

貸付資金は、総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金の4種類で、それぞれの資金援助目的は異なります。

総合支援資金

総合支援資金は、失業などによって生活が困窮している人が生活の立て直し、経済的な自立を図ることができるようにするために、社会福祉協議会やハローワークなどによる支援を受けながら貸付を受けられる制度です。

「生活の立て直しをしたい人」「就職に必要な技能を習得したい人」「債務整理をする人」など、一時的に生活が困っている人向けの支援制度です。

例えば、生活支援金では食費や衣類、家賃などの必要最低限な支出に充てることが可能で、単身世帯では月15万円以内、2人以上世帯では月20万円以内の支援費を受け取れます。

住宅入居費は、敷金礼金などの賃貸契約を結ぶために必要なお金を借りられます。

貸付限度額は40万円以内で、必要な転居費としてもあてられるのが特徴です。

一次生活再建費では、債務整理に必要な弁護士費用、就労に必要な資格取得費などにあてられます。

福祉資金

福祉資金は、経済的自立や生活意欲の助長促進、在宅福祉や社会参加を図り、その世帯の安定した生活を確保することを目的とした制度です。

貸付対象は次の世帯です。

低所得者世帯 必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯
障害者世帯 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者が属する世帯
高齢者世帯 日常生活上療養又は介護を要する65歳以上の高齢者の属する世帯
失業者世帯 生計中心者の失業により生計の維持が困難となった世帯

出典:生活福祉資金貸付制度について

福祉資金は貸付限度額580万円以内(資金の用途に応じて上限目安額を設定)で、無利子・保証人なしで借りられます。

返済期間は20年以内なので、比較的ゆっくり返せるのが嬉しいポイントです。

国の生活福祉貸付制度の中では、最も多くの資金を借りられる制度です。

教育支援資金

教育支援資金は、生活福祉資金の中の一資金で、資金を貸し付けることにより子供の進学や修学の継続を支援し、世帯の将来的な自立につながることを目的としています。

個人ではなく世帯の自立を支援する制度で、生計が維持できており、返済の見通しが立つ場合に貸付を行います。

教育支援金の貸付対象となるのは、次のような世帯です。

MEMO
  • 世帯の収入が収入基準を超えない世帯であること
  • 日常生活には困っていないが、修学のためにまとまった資金を必要としていること
  • 世帯の収入により、学校卒業まで生計維持が可能な状況であること
  • 住民票の住所と現住所が一致していること
  • 社会福祉協議会が債権者である貸付制度の連帯保証人及びその世帯員ではないこと
  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員である者が属する世帯ではないこと

出典:教育支援資金のご案内

貸付限度額は各世帯によっても異なりますが、教育支援費は月6.5万円以下、修学支度費では50万円以内の貸付を受けられます。

償還期限は20年あるため、無理のないペースで返済できるのも嬉しいポイントです。

ただし、教育支援資金を利用できる収入基準の、下記を超えていないことが条件ですので、注意してください。

世帯人員 2人 3人 4人 5人
低所得世帯 272,000円 335,000円 385,000円 425,000円

出典:教育支援資金のご案内

不動産担保型生活資金

不動産担保型生活資金は、居住不動産を有する低所得者の高齢者世帯に、その不動産を担保にして生活資金の貸付を行い、世帯の自立を支援することを目的とした貸付制度です。

貸付限度額は、居住用不動産の評価額の70%程度です。

つまり、評価額が1,000万円の場合、700万円程度であれば借りられるということになります。

ただし、実際の貸付額は1ヶ月あたり30万円以内で、3ヶ月ごとに貸付を行います。

貸付条件は、次のとおりです。

MEMO
  • 借入申込者が単独で所有、あるいは同居の配偶者と共有する不動産に居住していること。不動産に貸借権等の利用権や抵当権等の担保権が設定されていないこと。
  • 配偶者またはその親以外の同居人がいないこと。かつ、世帯の構成員が原則として65歳以上であること。
  • 借入世帯が市町村民税の非課税世帯または均等割課税世帯程度の低所得世帯であること。
  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員が属する世帯は借入申込はできません。

出典:社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会

原則、65歳以上の高齢者が対象で、所有する不動産を担保にしてお金を借りられます。

65歳以上の高齢者だと消費者金融や銀行からお金を借りることが難しくなりがちですが、不動産担保型生活資金なら借りられる可能性が高いです。

しかも、不動産を売却する必要はないため、そのまま住み続けられます。

求職者支援資金融資制度

求職者支援資金融資制度は、職業訓練受講給付金を受給する予定の人を対象にした貸付制度です。

貸付額は「月額5万円または10万円×受講予定訓練月数」で、職業訓練受講中の生活費が足りない人向けです。

例えば、1人暮らしの人が6ヶ月間の職業訓練を受ける場合は「月額5万円×6ヶ月=借りられる上限額は30万円」。

妻と子どもと同居している人が1年間の職業訓練を受ける場合は「月額10万円×12ヶ月=借りられる上限額は120万円」になります。

対象者は、以下の要件どちらも満たしている人です。

MEMO
  • 職業訓練受講給付金の支給決定を受けた方
  • ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けた方

手続きの流れも簡単で、ハローワークで貸付要件などを確認し、その後ハローワークが指定する金融機関で貸付の手続きを行います。

貸付は本人の口座へ一括振込なので、一度に使いすぎないように注意してください。

ちなみに、担保・保証人は不要で年3.0%という低金利で借りられます。

無職やブラックでも仕事に対して意欲がある人なら、支援を受けられる可能性があります。

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度は、ひとり親家庭の父母などの世帯に、子供の教育費や学費、生活費、引っ越し費用などの必要な資金を貸付する制度です。

資金の種類は次のようなものがあります。

MEMO
  • 事業開始資金
  • 事業継続資金
  • 修学資金
  • 技能習得資金
  • 修業資金
  • 就職支度資金
  • 医療介護資金
  • 生活資金
  • 住宅資金
  • 転宅資金
  • 就学支度資金
  • 結婚資金

それぞれの貸付限度額は、次のとおりです。

貸付限度額
事業開始資金 2,850,000円
事業継続資金 1,440,000円
修学資金 月額48,000円〜96,000円
技能習得資金 月額68,000円
修業資金 月額68,000円
就職支度資金 63,100円〜590,000円
医療介護資金 340,000円〜500,000円
生活資金 月額105,000円〜141,000円
住宅資金 150,000円
転宅資金 260,000円
就学支度資金 63,100円〜590,000円
結婚資金 300,000円

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度で特徴的なのは、対象が子供ではなく母子家庭の親も対象になるということです。

例えば、技能習得支援では通勤に必要な自動車免許の取得の資金として借りることもできます。

教育一般貸付

教育一般貸付とは、国の教育ローンとも呼ばれており、上限350万円までを年2.25%で借りられます。

利用するためには、次の条件を満たす必要があります。

MEMO
  • お子さまの人数に応じて、幅広い世帯年収の方に対応
  • さまざまな学校・幅広い用途に対応
  • 日本学生支援機構の奨学金との併用もOK

出典:教育一般貸付

主な使用用途としては、受験にかかる費用や入学金・授業料、教材費やパソコン購入費、修学旅行費などに充てられます。

借受人が親になるので、子供に借金を負わせることはありません。

返済期間も15年と長く、年1.5%の低金利に加えて固定金利になるので、長期的に返済計画を立てやすいことも特徴です。

看護師等修学資金

看護師等修学資金は、学校教育法第62条の規定に基づく国内の大学院の修士課程及びこれと同等以上と認められる国外の大学院の修士課程において、看護に関する専門知識を習得しようとする人を対象にした貸付制度です。

貸付条件は、次のとおりです。

MEMO
  • 保健師、助産師、看護師及び准看護師の養成施設又は大学院修士課程に在学していること。
  • 都外の養成施設等に在学している方は都内に住所があること。
  • 成績優秀で心身健全な方経済的理由で修学が困難な方
  • 同種の修学資金を借りていない方
  • 卒業または修了後、(都内)指定施設または都内施設において引き続き5年以上、看護業務に従事する意思を有する方

出典:看護師等修学資金

貸付金額は月額25,000円、50,000円、75,000円、100,000円のいずれかで、貸付期間は就業年数によって変わります。

無利子・無保証人で貸付を受けることができ、返済期間は貸付期間と同期間です。

なお、卒業・免許取得後、下の免除条件に該当した場合は申請により免除が受けられます。

免除の条件 免除額
都内施設に5年間従事 25,000円 × 貸与月数
指定施設に5年間従事 25,000円 × 貸与月数もしくは50,000円 × 貸与月数
指定施設に7年間従事 75,000円 × 貸与月数
看護業務上の理由による死亡又は心身の故障 貸与月額 × 貸与月数

日本政策金融金庫の一般貸付

日本政策金融金庫の一般貸付は、ほとんどの業種の中小企業の方を対象とした貸付制度です。

融資限度額は最大7,200万円で、最長20年かけて返済していきます。

フリーランスや自営業者の起業資金や運転資金として利用することが多く、大口の融資にも対応しています。

一般貸付では経営をサポートする目的として設けられた制度ということもあり、生活費借入はできません。

基本的には事業資金としてしか借りられないことを理解しておきましょう。

生活費が必要であれば、他の融資制度や個人向けのカードローンなどを利用することをおすすめします。

国や自治体からお金を借りられる公的融資制度の審査に落ちる理由

公的融資制度の審査に落ちる理由

国や自治体ではさまざまな融資制度を用意していますが、誰でもお金を借りられるというわけではありません。

どの融資制度を利用するにしても、規定の条件を満たして審査に通過しなければいけません。

公的融資制度は、本当にお金に困っている人に向けた融資制度です。

詐欺や不正受給などを未然に防ぐためにも、必ず審査を行います。

例えば、次のような人は審査に落ちる可能性があります。

既に返済しきれない借金がある

公的融資制度を申請する時に、既に返済できないほどの借金がある場合は審査に落ちる可能性が高いです。

公的融資制度では、どの制度も基本的に生活の再建目的で、生活に必要な最低限の資金しか借りられません。

借金を公的融資で借りたお金で返そうとする人もいますが、これはNGです。

また、仮に審査に通過して借りられたとしても、借金の負担が増えてしまいます。

既に返済しきれないほどの借金があるなら、まずは債務整理をするところから始めるのがよいでしょう。

ただし、債務整理の手続き中は融資を受けられない場合も多いので、注意してください。

現時点で他の公的融資制度や生活保護を受けている

現時点で他の公的融資制度や生活保護を受けている人も、審査に落ちる可能性が高いです。

他の公的融資制度を利用してお金を借りている人は、原則新たな制度を利用した借入はできません。

どうしても生活が苦しいなら、今借りている融資制度の担当者に相談してください。

今後収入を得られる見込みがない

現時点で収入がなく、かつ今後も収入を得る見込みがない人も審査に落ちる可能性が高いです。

どの融資制度でも、基本的に借りたお金は返済しなければいけません。

そのため、返済能力がないと判断されてしまうと、貸付は消極的になってしまうのです。

無職でも借りられる融資制度はありますが、働ける環境にあるなら担当者に働く意志をアピールすることが大事です。

公的融資制度の申請方法や注意点

公的融資制度の申請方法や注意点

ここからは、公的融資制度の申請方法や注意点を紹介します。

国や自治体の公的融資制度は、基本的に各窓口で申込をした後に必要書類を提出し、審査を受けるのが一般的な流れです。

ただし、融資制度によっても申請内容や必要書類などは異なるため、必ず担当者に確認をしながら進めるようにしましょう。

総合支援資金はハローワーク

総合支援資金の申込書は、お住まいの市区町村の社会福祉協議会で入手できますが、申請前にハローワークで相談できます。

ハローワークでは、総合支援資金の対象かどうかを確認してくれたり、社会福祉協議会の窓口を紹介してくれたりします。

総合支援資金の申込に必要な書類は、次のとおりです。

MEMO
  • 借入申込書
  • 借用書
  • 重要事項説明書
  • 収入の減少状況に関する申立書

書類に不備があると審査が長引き、何度も市役所に足を運ぶ手間がかかりますので、事前準備は慎重に行いましょう。

必要書類の提出が終われば、次のような流れで審査を行います。

総合支援資金の審査の流れ
  • 社会福祉協議会が審査
  • 審査に通過すれば貸付決定通知書が送られてくる
  • 借用書の提出
  • 貸付金を受け取る

総合支援資金は相談開始から資金の交付まで最短でも1ヶ月ほどかかります。

書類の不備があると長引いてしまうので、できるだけ早く、かつ慎重に申込をするようにしましょう。

福祉費・教育支援資金・不動産担保型生活資金は社会福祉協議会

福祉費・教育支援資金・不動産担保型生活資金の相談は、社会福祉協議会です。

住んでいる市町村社会福祉協議会で相談をしましょう。

審査から貸付金交付までの流れは、総合支援資金と同じです。
福祉費・教育支援資金・不動産担保型生活資金の審査の流れ
  • 社会福祉協議会が審査
  • 審査に通過すれば貸付決定通知書が送られてくる
  • 借用書の提出
  • 貸付金を受け取る

生活福祉資金貸付制度は市役所・区役所

生活福祉資金貸付制度の相談・申込は、市役所や区役所で行っています。

まずは自立相談支援機関に行き、生活福祉資金貸付制度の利用申込をしましょう。

申込をする際は、自分だけでなく世帯全員の収入や債務状況に応える必要があるので、あらかじめ整理しておくとスムーズです。

その後、市区町村社会協議会に申請書類を提出します。

提出した書類を元に審査を行い、審査に通過できたら貸付決定通知書が届く流れです。

その後、改めて社会福祉協議会で借入の手続きを行えば、完了です。

審査期間は最短でも1ヶ月かかるので、利用を希望するなら早めに相談へ行きましょう。

公的融資制度は即日融資に対応していない!今すぐお金を借りたいなら消費者金融がおすすめ

どの公的融資制度でも、申込から実際に借入できるまでに早くても1ヶ月ほどかかります。

お金が必要で困っている人には、「1ヶ月も待てない!」という人もいると思います。

そんな人は、スマホで24時間365日いつでも申込ができ、最短即日での融資に対応している消費者金融がおすすめです。

消費者金融に対して良いイメージを持たない人もいると思いますが、金融庁から認可された正規の貸付業者なので安心してかられます。

CMや街中などで一度は見かけたことがある大手消費者金融なら、不安も少なく申込できるでしょう。

※表は横にスクロールできます。

アコム
国からお金を借りる方法_アコム
レイク
レイクのカードローン
プロミス
プロミスのカードローン
金利 3.0~18.0% 4.5~18.0% 4.5〜17.8%
限度額 1万円~800万円 1~500万円 1〜500万円
審査時間 最短20分 最短15秒
※Web申込の場合
最短20分
融資スピード 最短20分 最短25分融資
※Web申込の場合
最短20分
無利息期間 30日間
※契約日の翌日から
最大180日間
※5万円以下の借入の場合
最大30日間
初回借入の翌日から
WEB完結
申込条件 20歳以上 満20〜70歳以下 18歳~74歳以下
学生/パート/アルバイト/

「アコムのカードローン」なら24時間365日申込OK

国からお金を借りる方法_アコム

金利 3.0~18.0% 限度額 1万円~800万円
審査時間 最短20分 融資スピード 最短20分
無利息期間 30日間
※契約日の翌日から
WEB完結
申込条件 20歳以上 学生/パート/アルバイト/
アコムのカードローンの特徴
  • はじめてなら30日間金利0円
  • 最短20分融資が可能
  • 利息はご利用日数分だけ
  • 返済方法が豊富で利便性が高い
  • 家族や職場にバレずに借入ができる

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社が提供するカードローンです。

審査・融資ともに最短20分と即日融資に積極的で、特に急いでいる人にはおすすめです。

また、初めての借入なら30日間の無利息期間があり、利息負担を抑えた借入ができます。

申込はWeb完結で誰にも知られずにスマホ1台あればすぐに申込ができます。

在籍確認も原則電話では実施しておらず、書類で代用できるため会社にもバレるリスクは低いです。

アコムのカードローンの口コミ・評判

「レイクのカードローン」は21時までの契約手続き完了で当日中に振込可能

レイクのカードローン

金利 4.5~18.0% 限度額 1~500万円
審査時間 最短15秒
※Web申込の場合
融資スピード 最短25分融資
※Web申込の場合
無利息期間 最大180日間
※5万円以下の借入の場合
WEB完結
申込条件 満20〜70歳以下 学生/パート/アルバイト/
レイクの特徴
  • はじめての借入なら最大180日間金利0円
  • Web完結で郵送物がない
  • オペレーターが親切だから初めてでも安心

レイクは新生フィナンシャル株式会社のカードローンです。

Webからの申込で60日間無利息という他の大手消費者金融と比べても長く、利便性が高いのが特徴です。

さらに、5万円以下の借入なら最大180日間が利息0円で、利息負担なしで借入できる可能性もあります。

インターネットなら来店不要でいつでも申込ができ、即日融資にも対応しています。

年齢条件を満たし、安定した収入があればパート・アルバイト・主婦でも借入できるので、申込をしてみる価値は十分あるでしょう。

レイクの口コミ・評判

「プロミスのカードローン」はWeb申込で最短20分融資

プロミスのカードローン

金利 4.5〜17.8% 限度額 1〜500万円
審査時間 最短20分 融資スピード 最短20分
無利息期間 最大30日間
※初回借入の翌日から
WEB完結
申込条件 18歳~74歳以下 学生/パート/アルバイト/
プロミスの特徴
  • 最短20分で融資が可能
  • 他社よりも上限金利が低い
  • 初めてなら30日間の無利息期間適用

プロミスは、知名度抜群の消費者金融です。

運営元はSMBCグループで、社会的な信用も厚いです。

また、プロミスの公式サイトでは返済シミュレーションを利用することができるので、借入前に毎月の返済金額を確認し、無理のない範囲で借入することもできます。

専用のプロミスコールや女性専用のレディースコールなど、返済の相談ができる窓口の対応も「親切で丁寧」と好評です。

申込条件は「満18歳~74歳で安定した収入がある」人なので、安定した収入さえあればアルバイトでもパートでも借りられる可能性は十分にあります。

プロミスの口コミ・評判

国や自治体からお金を借りられる公的融資制度|Q&A

最後に、国や自治体からお金を借りられる公的融資制度についてのよくある質問に回答していきます。

どうしてもお金に困ったらどうすればいいですか?

どうしてもお金に困ったら、生活保護を利用しましょう。

生活保護は、年金や給与などの収入を含めた最低生活費が、国の定める基準額を下回る場合にその不足分を補う形で支給されます。

保護の種類は生活扶助・住宅扶助・教育扶助・医療扶助・介護扶助・出産扶助・生業扶助・葬祭扶助の8つで、世帯の状況に応じて支給されます。

生活保護は民間企業からもお金を借りられずに生活が困窮している人を対象にしているので、お金に困った時の心強い味方になってくれるでしょう。

市役所で即日申し込める公的融資制度は?

市役所で即日申込ができる公的融資制度は、総合支援資金、住宅入居費、教育支援資金、求職者支援資金、母子父子寡婦福祉資金、などがあります。

ただし、どの融資制度も即日お金を借りることはできません。

今すぐにお金を借りたいなら、即日融資に対応している消費者金融がおすすめです。

個人事業主が受けられる融資とは?

個人事業主が受けられる融資には、日本政策金融公庫が挙げられます。

例えば国民生活事業では、個人企業や小規模企業を対象に、平均約900万円の融資を受けることができます。

日本政策金融公庫で受けられる融資は金利が低めに設定されているのが最大の特徴で、カードローンやビジネスローンよりも利息負担が少ないです。

国や自治体からお金を借りられる公的融資制度|まとめ

この記事では、国や自治体からお金を借りられる公的融資制度を一覧で紹介してきました。

公的融資制度であれば、消費者金融や銀行のカードローン審査に落ちた人や無職、ブラックでも借りられる可能性があります。

消費者金融に比べると「審査が厳しい」「対象者が限られる」「手続きが面倒」などのデメリットはあるものの、とにかく低金利で借りられるのが最大の特徴です。

公的融資にはさまざまな制度があるので、自分がどの融資制度の対象になるのかを知る意味でも、市役所やハローワークで相談してみてください。

※お金の学び舎では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社などから委託を受け広告収益を得て運用しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です