[PR]このサイトにはプロモーションが含まれます。

審査に通らない人がお金を借りるには?審査なしで借りる方法や借りられない理由を徹底解説

お金借りる_審査通らない_アイキャッチ

  • カードローンの審査に通らない…
  • 審査に通らない時はどうする?

このような悩みや疑問を持つ方に、この記事はおすすめです。

お金を借りたい時にどこの審査にも通らないと焦ってしまいますよね。

審査に通らない人には、いくつかの理由があります。

しかし、審査に通らなくても審査なしで借りられる手段がゼロというわけではありません。

借入先の候補として真っ先に思い浮かべるカードローンですが、それ以外にもお金を借りる方法はあります。

この記事では、カードローンの審査に通らない理由や対策方法、通らなくても絶対にやってはいけないこと、金融機関が審査において重要視するポイントなどを紹介します。

審査に不安な方でもお金を借りる方法はあります。
この記事のポイント
  • 審査に通過するためには申込条件を満たしていることが大前提
  • 信用情報に傷があると審査に通過するのは難しい
  • 期間を空けて別のカードローンへ申込すれば審査に通過できる可能性がある
  • 「クレジットカードのキャッシング枠」「質屋」「契約者貸付制度」なら審査不要で借りられる
  • 審査に通らない人におすすめのカードローンは『アコム』

お金を借りる時に審査に通らない理由

お金借りる_審査通らない_理由

カードローンに申込をしても、誰でも簡単に審査を通過できるわけではありません。

審査基準はカードローン会社によっても異なりますが、審査落ちする人は次のような状況下で申込をしている可能性が高いです。

申込条件を満たしていない

まず大前提ですが、申込条件を満たしていない人が審査申込をしたところで、審査に通過することはありません。

申込条件はカードローンによっても異なりますが、まずは自分が申し込み条件を満たしているかを確認しましょう。

申込条件で共通する条件は、「年齢」と「安定した収入があるか」です。

多くのカードローン会社では「20歳以上」が年齢条件として定められていることが多いです。

そのため、未成年の方がカードローンを利用することはできません。

また、年齢において注意すべき点は、上限年齢についてです。

例えば、みずほ銀行カードローンでは「満20歳以上満66歳未満の方」が年齢条件です。

一方で、プロミスの年齢条件は「18歳~74歳」です。

このように、みずほ銀行カードローンでは66歳以上の方は申込対象外ですが、プロミスなら66歳以上でも74歳以下であれば借入できる可能性があるということです。

「安定した収入」に関する明確な基準はないですが、少なくとも月に数万円程度の収入は必要です。

逆に言えば、月に数万円ほどの収入があれば、アルバイトでもパートでも借りられる可能性があるということです。

出典:みずほ銀行カードローンプロミス

在籍確認が取れなかった

どのカードローン会社でも、必ず審査において在籍確認を行います。

在籍確認では、申込者の勤務先に電話をかけて行います。

カードローンを利用するにあたり、「実際に申告した勤務先に在籍しているか」は、返済能力や信用度を調べるうえで重要です。

この在籍確認が取れないと、審査に落ちてしまうか、審査が保留になってしまいます。

例えば、土日祝に申込が可能なカードローンがあっても、勤務先が休みなら在籍確認が取れず、審査に落ちてしまう可能性があるということです。

また、電話の受け口の人が「そんな人はいません」「分かりません」と回答した場合も、在籍している事実を確認できないことから、結果的に審査に落ちてしまう可能性があります。

その場合、申込者が直接電話に出たり、会社に在籍確認の電話があることを事前に伝えておく必要があります。

それでも在籍確認が難しい場合、書類で在籍確認を代用できるカードローンを選びましょう。

例えば、プロミスでは原則電話での在籍確認を行っておらず、給与明細や社員証などの書類を提出することで在籍確認を通過できます。

プロミスでは、原則、電話での在籍確認は行っていません。審査の結果により電話での確認が必要となる場合もありますが、お客さまの同意を得ずに実施することはありません。また、連絡の際は担当者の個人名でかけるため、勤務先に知られたくない方も安心して利用いただけます。

引用:プロミス

在籍確認を書類で代用できれば勤務先に電話がかかってくることはないので、最初から在籍確認を書類で代用できるカードローンを選んで申込をするのもよいでしょう。

借入希望額が高い

カードローンの申込をする際は必ず借入希望額を申告する必要がありますが、必ず希望通りの借入ができるわけではありません。

借入希望額が高いと審査の通過に必要な収入も高くなるため、結果的に審査に落ちやすいです。

例えば、年収300万円の人が100万円の借入を希望するより、20万円希望している方が審査に通過しやすいことが、お金を貸す側になってみると分かりますよね。

審査に通過してしまえば、後から増額申請をすることもできます。

まずは審査に通過する可能性を上げるためにも、借入希望額は高すぎない金額を申告するようにしましょう。

提出内容や申告内容に不備がある

正確な情報のみを記入して提出書類の不備がないことは、カードローンの審査に通過するための大前提です。

たとえ故意でなくても、事実とは異なる情報を申告してしまうと信用度が低下してしまいます。

これにより、本来であれば問題なく審査に通過できていたところ、審査に落ちてしまう可能性もあるため注意してください。

特に、住所や電話番号、勤務先情報は一度確認しただけではヒューマンエラーが発生してしまいます。

申込をする時は、急がずに二度三度確認してから申請するようにしましょう。

信用情報に傷がある

カードローンの審査では、申込者の信用情報も必ずチェックされます。

信用情報とは、これまでのクレジットカードの利用履歴やカードローンの滞納の有無など、信用が必要な取引に関する情報です。

過去に滞納や延滞があり信用情報に傷がある場合、信用情報に傷がついている可能性が高いです。

例えば、「過去に3ヶ月以上の延滞をした」「クレジットカードやカードローンが強制解約になったことがある」「債務整理をしたことがある」人は信用情報に傷がついている可能性が高いです。

これらの情報の保有期間は、最長10年間です。

一生残り続けるわけではないですが、長期的に情報が保管されてさまざまなローン審査に影響してしまいます。

信用情報に傷があるか不安な人は、事前に「CIC」や「JICC」などの信用情報機関で確認しておくとよいでしょう。

複数社へ同時申込をしている

お金がどうしても必要だからといって、一度に複数社へ同時申込をするのもNG行為です。

申込情報も、信用情報機関で6ヶ月間保管されます。

そのため、6ヶ月以内に複数申込をしてしまうと、「相当お金に困っているのではないか」「返済能力がない」と判断されて審査に落とされてしまう可能性が高いです。

審査に通過できるか不安な人は、「どこでもいいから、とにかく借りたい!」と複数同時申込をしてしまいがちです。

ですが、これはかえって逆効果ですので注意してください。

審査に通過したいなら、1社に絞って申し込みをするのが最善です。

既に総量規制を超える貸付がある

消費者金融は総量規制という法律の対象です。

総量規制では、新たな貸付により借入残高が年収の3分の1を超える場合、原則として返済能力を超えるものとして貸付を禁止しています。

参考:金融庁

既に年収の3分の1に相当する借入がある場合、審査に落ちてしまいます。

総量規制の則れば、年収300万円の人への貸付上限は100万円です。例えば、年収300万円の人が現在70万円の借入があり、新たに70万円の借入を希望しても審査に通過できないということです。

総量規制ギリギリで審査に通過できるか不安な人は、可能な限り既にある借金を返済してから申込をするようにしましょう。

複数社から借入がある

既に複数社からの借入がある場合も、審査において不利になります。

既に借金がある人が新たに借入を希望しても、「返済負担が多くて返済できないのではないか」と思われてしまうのは当然です。

また、複数社から借りていることで、「金銭管理ができない人」と思われてしまう可能性もあります。

カードローンの審査に通りたいなら、可能な限り借入残高や借入件数を減らしておきましょう。

もしも利用していないカードローンやクレジットカードがあるなら、解約しておいた方がスムーズです。

審査に通らない人がお金を借りるために今すぐ実践すべき方法

お金借りる_審査通らない_お金借りる方法

ここからは、審査に通らない人がお金を借りるために今すぐ実践すべき方法を紹介します。

申込をする前に信用情報を整理する

どれだけ収入が高く安定していても、信用情報に傷があると審査に通過することは難しいです。

まずは信用情報を整理してから申込をするのが賢明です。

信用情報を確認して金融事故が記載されていなければ、傷はありません。

信用情報に傷がある場合、その情報が消えるまでカードローンの申込は避けるのがよいでしょう。

安定した収入を証明する

どのカードローン会社でも、安定収入は必要条件です。

具体的にどのくらいの収入があればいいかはどの金融機関も公表していませんが、毎月一定以上の継続収入がないと難しいです。

ですが、アルバイトやパートなどの比較的収入が低い人でも審査に通過することはできます。

その場合、安定した収入があることを示すためにも、収入証明書を添付して申込をするのがよいでしょう。

それでも難しい場合、正社員になってからなど、安定収入を継続して得られることが証明できるようになってから申込してみるのも有効です。

期間を空けて別のカードローンへ申込する

カードローン会社ごとに審査基準は異なるため、期間を空けてから別のカードローンへ申し込みをしてみるのも選択肢の一つです。

例えば、アイフルの審査に落ちても、プロミスなら通過できる可能性もあるということです。

実際に、カードローンの審査に落ちても別の会社なら審査に通過できたという口コミも多数投稿されています。

申込者のカードローン会社との相性もありますので、期間を空けて別のカードローンに申込をすることも検討してみてください。

大手消費者金融では、はじめてのご利用で一定期間利息が0円になる無利息サービスもあるので、利息負担を抑えて借りることもできます。

【審査に通らない人向け】おすすめのカードローンTOP3

ここからは、審査に通らない人におすすめのカードローンを紹介します。
※表は横にスクロールできます。

アコム
お金借りる審査通らない_アコム
レイク
レイクのカードローン
プロミス
プロミスのカードローン
金利 3.0~18.0% 4.5~18.0% 4.5〜17.8%
限度額 1万円~800万円 1~500万円 1〜500万円
審査時間 最短20分 最短15秒
※Web申込の場合
最短20分
融資スピード 最短20分 最短25分融資
※Web申込の場合
最短20分
無利息期間 30日間
※契約日の翌日から
最大180日間
※5万円以下の借入の場合
最大30日間
初回借入の翌日から
WEB完結
申込条件 20歳以上 満20〜70歳以下 18歳~74歳以下
学生/パート/アルバイト/

1位:「アコムのカードローン」なら24時間365日申込OK

お金借りる審査通らない_アコム

金利 3.0~18.0% 限度額 1万円~800万円
審査時間 最短20分 融資スピード 最短20分
無利息期間 30日間
※契約日の翌日から
WEB完結
申込条件 20歳以上 学生/パート/アルバイト/
アコムのカードローンの特徴
  • はじめてなら30日間金利0円
  • 最短20分融資が可能
  • 利息はご利用日数分だけ
  • 返済方法が豊富で利便性が高い
  • 家族や職場にバレずに借入ができる

アコムは大手消費者金融の中でも人気が高いカードローンです。

日本信用情報機構(JICC)によると貸金業者で借り入れをしている人の総数は1,028.9万人で、ローン利用者の10人中1.5人がアコムでお金を借りている計算になります。

アコムは「三菱UFJフィナンシャル・グループ」のカードローンということもあり、安心感があります。

最短20分での融資に対応しているので、できるだけ早くお金を借りたい場合でも安心して借りられるでしょう。

また、カードを作らずにWeb上で申込、借入、返済までが完結し、在籍確認も原則書類で代用できるので、家族にも会社にもバレにくいです。

アコムのカードローンの口コミ・評判

2位:「レイクのカードローン」は21時までの契約手続き完了で当日中に振込可能

レイクのカードローン

金利 4.5~18.0% 限度額 1~500万円
審査時間 最短15秒
※Web申込の場合
融資スピード 最短25分融資
※Web申込の場合
無利息期間 最大180日間
※5万円以下の借入の場合
WEB完結
申込条件 満20〜70歳以下 学生/パート/アルバイト/
レイクの特徴
  • はじめてなら最大60日間金利0円
  • Web完結で郵送物がない
  • オペレーターが親切だから初めてでも安心

レイクは、初めてのご利用で最大60日間、5万円以下の借入で最大180日間の無利息サービスがあるなど、他の大手消費者金融と比べても無利息期間が長いのが特徴です。

無利息期間を上手く活用すれば、利息負担を抑えて借入できます。

また、レイクはプライバシーにも配慮しており、申込から借入、融資までWeb上で完結するため、誰にもバレずに借りられます。

土日祝の即日融資にも対応しているので、急ぎの場合にもおすすめです。

レイクの口コミ・評判

3位:「プロミスのカードローン」はWeb申込で最短20分融資

プロミスのカードローン

金利 4.5〜17.8% 限度額 1〜500万円
審査時間 最短20分 融資スピード 最短20分
無利息期間 最大30日間
※初回借入の翌日から
WEB完結
申込条件 18歳~74歳以下 学生/パート/アルバイト/
プロミスの特徴
  • 最短20分で融資が可能
  • 他社よりも上限金利が低い
  • 初めての借入なら30日間の無利息期間適用

プロミスは、最短20分で借入が可能です。

はじめての方は30日間利息0円、Web完結申込なら郵送物が自宅に届くことはないので、家族にバレる心配もいりません。

アルバイトやパート・派遣社員・契約社員の方でも安定した収入があれば対象で、申込をしても勤務先に電話がかかってくることはありません。

公式サイトでは年齢・年収・他社借入金額の3つの項目を入力するだけで借入可能かが分かる「1秒パパッと診断」があり、すぐに診断結果が分かります。

審査に通過できるか不安な人は、仮診断を利用してから申込をしてみてください。

プロミスの口コミ・評判

審査に通らない!カードローン以外にもお金を借りる方法はある

お金借りる_審査通らない_カードローン以外

カードローンの審査に通らなくても、お金を借りる方法はたくさんあります。

ここからは、審査に通らない人がお金を借りるための手段を紹介します。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードには普段の買い物に使えるショッピング枠とは別に、ATMでお金を引き出せるキャッシング枠があります。

このキャッシング枠があるクレジットカードをお持ちなら、今すぐATMでお金を引き出せます。

設定された限度額の範囲内であれば、何度でも繰り返しお金を借りられる方法です。

クレジットカードを発行する時にキャッシング枠の申込をしていれば、利用時に審査は不要です。

質屋でお金を借りる

低リスクでお金を借りたいなら、質屋での質入れもおすすめです。

質屋では、預入した物品の査定額の約7割~8割程度の金額を借りられます。

審査も不要です。

例えば、査定額が15万円のブランドバッグを質入れした場合、約10万円ほど借入できるということです。

質屋は審査不要でいつでも借入できるのが最大のメリットです。

借りたお金は期日までに返す必要がありますが、万が一返せなくても借金を負ったり信用情報に傷がつくことはありません。

国や自治体の融資制度を利用する

どこからもお金を借りられないなら、国や自治体の融資制度を利用するのも一つの方法です。

例えば、生活福祉貸付制度では、低所得者、高齢者世帯、障がい者世帯を対象に貸付を行っています。

総合支援制度では、単身世帯で月15万円以内、2人以上の世帯では月20万円を上限に、10年以内の期間で借入ができます。

国や自治体が用意している融資制度では、消費者金融や銀行からの借入ができなかった人でも融資を受けることが可能です。

しかも、消費者金融や銀行と比べても低金利で借りられるのがメリットです。

不用品を売ってお金を作る

自宅に眠っている不用品を売ってお金を作る方法もあります。

「お金を借りる」とは少し異なりますが、不用品を買取業者に売ることで即日お金を作れます。

しかも、審査は不要です。

スマホや電子機器、家具・家電、ブランド品であれば、1点で数万円以上の査定額が付くこともあります。

自宅に不用品があるなら、買取業者に査定を依頼してみるのもよいでしょう。

契約者貸付制度を利用する

解約返戻金がある生命保険に加入しているなら、契約者貸付制度を利用して審査なしでお金を借りることもできます。

契約者貸付制度とは、保険契約を解約した時に支払われる返戻金の一定の範囲内で貸付を受けられる制度です。

契約者貸付は契約している保険会社からお金を借りられます。また、カードローンのように毎月決まった金額を返さないといけない決まりはありません。

そのため、ゆとりのある範囲で少しずつ返済できることもメリットです。

ただし、定期保険や保証期間設定のない終身年金保険、財形商品および確定拠出型年金商品には契約者貸付の制度はありません。

中小消費者金融を利用する

大手消費者金融の審査に落ちたとしても、中小消費者金融であれば審査に通過できる可能性があります。

中小消費者金融では、独自の審査基準を設けているため、大手消費者金融や銀行の審査に落ちた人や、ブラックの人でも審査に通過できる可能性があります。

審査は必ずありますが、顧客数獲得のために審査も柔軟なので、申込をしてみる価値は十分にあります。

しかし、聞いたことがない消費者金融だと不安だと思いますので、申込をする前に賃金業者登録一覧で正規の業者かどうかを確認してから申込をしましょう。

家族・友人からお金を借りる

どこからもお金を借りられないなら、家族や友人からお金を借りる方法もあります。

できれば避けたいところですが、お金に困って精神的に追い詰められるよりも、信頼できる家族や友人に話した方がいい場合もあります。

関係性が深い家族や友人なら、お金を貸してくれる可能性もあるでしょう。

ただし、家族や友人からのお金の貸し借りはその後の関係性が崩れてしまう可能性もあるため、あまりおすすめしません。

本当にお金に困った時の最終手段として考えておきましょう。

お金を借りる時に審査に通らなくても絶対にやってはいけないこと

お金借りる_審査通らない_やってはいけないこと

本当にお金に困っている時でも、絶対にやってはいけないことがあります。

次のようなことをしてしまうと、精神的に追い詰められたり、犯罪に巻き込まれてしまう可能性が高いので注意してください。

審査に通らなくても絶対にやってはいけないこと

ヤミ金からお金を借りる

どれだけお金が必要でも、絶対にヤミ金からお金を借りてはいけません。

ヤミ金は、貸金業の登録の有無に関わらず、刑罰が課される出資法の上限金利を超える貸付を行う違法な金融業者です。

ヤミ金からお金を借りられても、法外な利息を請求されたり、怖い取り立てに遭ったりなど、さまざまなトラブルに巻き込まれてしまう可能性が高いです。

後先考えずに借りてしまうと絶対に後悔してしまうので、絶対に利用しないでください。

個人間融資や闇バイト

個人間融資や闇バイトもNGです。

個人間融資とは、SNSやネットの掲示板などで知り合った人と個人間でお金の貸し借りをすることです。

闇バイトは、SNSやネットの掲示板などで、短時間で高収入が得られるなどの甘い言葉で募集しています。

応募してしまうと、詐欺の受け子や出し子など、犯罪組織の手先として利用されて犯罪者となってしまいます。

一度でも闇バイトをしてしまうと、応募時に送った身分証から「家に行く」「家族に危害を加える」などと脅されて継続的に犯罪に加担してしまう可能性があります。

犯罪に加担してしまうと誰も助けてくれません。

闇バイトに申し込んでしまったら、いますぐ最寄りの警察署、警視庁総合相談センター又はヤング・テレホン・コーナーに相談してください。

警察署一覧

お金を借りる時に金融機関が審査で重要視するポイント

お金借りる_審査通らない_審査

ここからは、お金を借りる時に金融機関が審査で重要視するポイントを紹介します。

申込の前に審査のポイントを押さえておけば、対策ができて審査通過率が上がるかもしれません。

金融機関が審査で重要視するポイント
  • 個人情報
  • 生活状況に関する情報
  • 勤務先に関する情報
  • 信用情報に関する情報

個人情報とは、氏名や性別、生年月日などの申込者個人を特定するためのものです。

また、申込条件に該当しているか、本人確認書類と記載情報が一致しているかもチェックされます。

生活状況に関する情報では、住所、住居の種類、独身・既婚、家族構成などから、利用者の返済能力を予測して審査を行います。

年収が高くても著しく高い支出が予想される場合、審査に通過しにくくなるため注意しましょう。

勤務先に関する情報は、勤務先の名称や住所、連絡先、事業規模、勤続年数、雇用形態など、収入の安定性をチェックします。

雇用形態は、公務員や正社員などの安定した職業であれば高く評価されます。

信用情報は、他社借入残高や件数、返済延滞の有無、債務整理の有無などです。

信用情報機関への照会で、利用履歴、過去の延滞歴、過去の債務整理歴がチェックされます。

お金を借りる時に審査に通らない|Q&A

最後に、お金を借りる時に審査に通らない人が抱えるよくある質問に回答していきます。

審査が通らない人でも借りれるカードローンは?

100%ではないですが、中小消費者金融であれば審査に通過する可能性はあります。

中小消費者金融では大手消費者金融とは異なる独自の審査基準を設けており、顧客獲得のための柔軟な審査に期待できます。

実際に中小消費者金融の口コミをみてみても、「大手消費者金融では落ちたけど中小消費者金融では借りられた」「ブラックでも借りられた」などの声があります。

審査なしでお金を借りられるアプリは?

審査なしでお金を借りられるカードローンアプリはありませんが、バンドルカードやPayPayあと払い、あと払いペイディなどであれば審査なしで支払いができて便利です。

CASHや大黒屋のアプリを使えば、その場で物品の査定も可能です。

審査なしで5万円借りられる?

審査なしで5万円借りる方法は、「クレジットカードのキャッシング」「質屋」「契約者貸付」「家族や友人からの借入」「NP後払い」などの方法がおすすめです。

仮にいずれの方法も使えない場合、中小消費者金融なら審査ありでも借りられる可能性があります。

お金を借りる時に審査に通らない|まとめ

この記事では、審査に通らない理由や対策方法、通らなくても絶対にやってはいけないこと、金融機関が審査において重要視するポイントなどを紹介してきました。

お金を借りる予定がある人は、本記事を参考に、審査に通りやすくなるための対策をしましょう。

融資の申込には必ず審査があります。

この審査に通過できないと、融資を受けることはできません。

審査に通らない理由や適切な対策方法を知れば、審査に通過してお金も借りやすくなるでしょう。

※お金の学び舎では、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社などから委託を受け広告収益を得て運用しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です