[PR]このサイトにはプロモーションが含まれます。

1ビットコイン(BTC)はいくら?価格や100円から買える取引所と今後も儲かるか徹底解説

1ビットコインいくら?_アイキャッチ画像

いまって1ビットコイン(BTC)いくらなの?将来性はあるのかな?

ビットコイン(BTC)は100円からでも買えるのかな?

ビットコインは2021年に大幅な価格上昇を見せ、その後も上昇と下落を繰り返しています。

しかしビットコインは、100円からでも購入できることをご存知でしょうか?

少額からの投資であれば、初心者の方や資金があまりない方でもチャレンジしやすいですよね。

いくら100円であっても投資するのであれば、今後ビットコインが儲かるかなども気になるところです。

今回は1ビットコインの価格について、100円から買える取引所やビットコインの将来について徹底解説していきます。

今回の記事のまとめ
  • 1BTC(ビットコイン)の現在価格と過去の価格動向
  • ビットコインは世界中で広がって、いくらでも儲かる
  • ビットコイン(BTC)の将来性は期待大
  • ビットコイン(BTC)を購入方法は簡単4ステップ
  • ビットコイン(BTC)の購入におすすめの仮想通貨取引所

1ビットコイン(BTC)はいくら?価格をチャートで解説

1ビットコインいくら_チャート
ここでは1ビットコインがいくらか、価格をチャートで見ていきましょう。

チャートはビットコインをする上で大切な分析材料になるので、簡単に見方を解説していきます。

チャートは、見方さえ分かれば簡単ですよ!

1ビットコイン(BTC)はいくら?日本円の最新価格

現在の1ビットコインが日本円でいくらなのか、最新の価格をチャートでみていきましょう。


チャートとは、過去の価格変動を表すもので、現在の1ビットコインの価格は、チャート右側の数字となっています。

このチャートの見方は、その日の始値(最初についた価格)より、その日の終値(最後についた価格)が高かった場合は緑色の「陽線(ようせん)」になります。

逆に始値より終値の方が安くなった場合は、赤色の「陰線(いんせん)」です。

チャートから買いや売りのタイミングを探ることを「チャート分析」とも言います。

ビットコインは短期間で大きく変動することがあるので、常に最新の価格情報をチェックすることが重要です。

ビットコインは最小どれくらいの値段で購入できる?

ビットコインは、約1円から購入することが可能です。

仮想通貨取引所によって最小取引量は異なりますが、なかには最小単位で取引可能なところがあります。

ビットコインは最小単位が1 satoshi(サトシ)と呼ばれる0.00000001 BTCであり、これは非常に小さな金額で、日本円にすると約1円です。

少額投資だとその分利益も少ないですが、まずはビットコインのノウハウを身につけることが大切なので、初めての方は1円や100円から始めるとよいでしょう。

ビットコインはいくらで買うべき?

「いくらで買うか」というよりも、「余剰資金で購入すること」が最も重要なポイントです。

ビットコインに限らず投資は、ギャンブルではありません。

投資する際は生活に支障が出ないように、「このお金がなくなってもいいか」「余剰資金のうち、いくらまでならビットコインに使ってよいか」などを考えた上で始めましょう。

まずは1円や100円からでも少額購入して、ビットコインについて理解してから、無理のない範囲でいくらか増やしていくとよいでしょう。

1BTC(ビットコイン)の過去の価格動向

1ビットコインいくら_過去の価格動向

ビットコインは2009年に誕生して以降、投資家の注目度の高さや、ハッキング事件、社会情勢などによって大きな価格変動を経験してきました。

2009年は当初はほとんど知られていなかったビットコインですが、少しずつ注目されるようになり、瞬く間にビットコインの価格が急騰。

誕生したころは1ビットコイン0.0008ドルだったのが、2011年の最高値は31ドルまで上昇しました。しかし取引所のハッキング事件などが原因で、最終的に1BTCあたり2ドル程度まで下落してしまいます。

・2017年
ビットコインバブルが起きて、最高値は1BTCあたり20,000ドルを超え、さらに世界中にビットコインの存在を知らしめました。

・2018年
ビットコインの価格が急落し、最低価格は1BTCあたり3,000ドル程度まで下落しました。この下落は中国における規制強化や、ICO市場の失速などの要因によって引き起こされた言われています。

・2020年以降
新型コロナウイルスの世界的流行によって、世界中の投資家が安全な資産を求めてビットコインに投資するようになり、価格が再び上昇しました。

このようにさまざまなことが要因で、短期間で価格は動向するため、社会情勢や経済、とくに仮想通貨に関するニュースや規制などの発表は注意深くみていきましょう。

ビットコインはいくらでも儲かると言われる理由

1ビットコインいくら_理由

 

将来的にビットコインは必ず儲かる!といった断言はできませんが、これまでビットコインが値上がりしてきているのは事実です。

ではビットコインが儲かると言われる理由について、くわしくみていきましょう。

ビットコインが儲かる理由1.発行枚数が決まっているから

ビットコインの発行枚数は2100万枚と決まっており、無限に発行されるわけではありません。

地球上に存在する量が約21万トンと決まっている「金」と同様、希少価値が高いことから、ビットコインは「デジタルゴールド」とも呼ばれています。

買いたい人(需要)に対して、売りたい人(供給)が少ないほど希少価値はどんどん上がっていき、価格はいくらでも上がっていきます。

そのことから希少価値の高いビットコインは、いくらでも儲かると言われています。

ビットコインが儲かる理由2.仮想通貨の中で信頼性が最も高い

ビットコインは、全ての仮想通貨の始まりとなった存在であり、いまだに仮想通貨60~70%の割合を占める主要通貨です。

発行数量は2100万枚に制限されており、インフレーションのリスクから比較的安全な通貨と言われています。

またビットコインは、ブロックチェーンという技術によって成り立っています。

ブロックチェーンとは、参加者全員で管理し合う「分散型」というシステムのことで、全ての取引情報はインターネット上で共有され、チェック・記録されます。

そのことによりデータの改ざんが非常に困難であり、過去の取引の履歴を保持することができます。

仮想通貨の中で最も普及しているビットコインは、信頼性の高さを理由に今後も価格上昇が期待されているので、いくらでも儲かると言われているようです。

ビットコインが儲かる理由3.決済需要が増えてきている

世界ではクレジットや電子マネーと同じように、ビットコインで決済できるところが増えてきています。

またビットコインはデジタル上での通貨のため、ネットとの相性がよく、ネットショッピングでも利用されています。

日本でもビックカメラなどで、ビットコインでの決済サービスがスタートして徐々に広がりをみせています。

近い将来、さらに世界中でビットコインの利用場面が広がり、需要が高まると予想されることから、いくらでも儲かると言われているのです。

ビットコインが儲かる理由4.価格変動が激しい

ビットコインは、日々の価格変動が激しいのが特徴です。

価格変動が激しいということは、短期間で大きな利益を得るチャンスがあるということです。しかしこれにはリスクも伴うため、十分注意が必要です。

また投資の定石として、急激に上がるものは急激に下がると言われています。しかし相場というのは、いつか下げ止まって上がり続けます。

ビットコインは信頼できる資産として認識が広がってきていることから、今後下がることはあっても、以前のような大幅な下落はないと予測されます。

よいタイミングで買うことができれば、いくらでも儲かる可能性を秘めている仮想通貨です。

ビットコインが儲かる理由5.機関投資家による参入

ビットコインが、これまで以上の大幅な下落がないであろうと言われている理由として、機関(プロ)投資家による参入が挙げられます。

プロの投資家たちが、「ビットコインは、金のように資産価値のあるもの」として認識し始めているのです。

そしてリスクヘッジのため、資産の一部をビットコインにする動きが出てきており、プロの投資家たちの資金がビットコインに流入してきています。

つまり価格変動が激しかったときと今では、入ってきているお金の質が全く違うことになります。

これまではほとんどが個人投資家の利用でしたが、現在は機関投資家つまり潤沢な資金をもつプロの投資家によるものです。

それによって、さらにビットコインは信頼できるものと認知され、需要が高まるのでいくらでも儲かるというわけです。

ビットコイン(BTC)の将来性

1ビットコインいくら_将来性

では次にビットコインの将来性について、みていきましょう。

ビットコインを法定通貨として、認めている国もあります!

ビットコイン(BTC)の将来性1.海外では法定通貨として使用されている

中米のエルサルバドルや中央アフリカ共和国などでは、ビットコインを法定通貨として追加しました。

つまりビットコインは、「円やドルと同じようなお金である」と国が認めたというわけです。

その他に公的な機関でも、ユニセフ(国連児童基金)がユニセフ仮想通貨ファンドを立ち上げ、暗号資産を寄付として受け入れています。

またアメリカなどではすでに、決済で利用できるようになったり、報酬の一部を暗号資産で支払われたりと、お金として利用されるケースが増えてきています。

日本でも、ビックカメラなどではすでにビットコインで決済ができるようになったりと徐々に広がりつつあります。

近い将来、さらに世界中でビットコインの利用場面が広がるでしょう。

ビットコイン(BTC)の将来性2.ビットコインETFによる影響

ビットコインETF(上場投資信託)は、投資家が簡単にビットコインに投資できるようになることで、ビットコイン市場に大きな影響を与える可能性があります。

2024年1月10日、米証券取引委員会(SEC)はビットコインを運用対象とする上場投資信託(ETF)の上場申請を初めて承認しました。

ビットコインETFの承認は、将来的にビットコイン市場に大きな影響を与える可能性があるため、市場関係者にとって注目されていたものです。

そのため、今後のビットコインから目が離せません。

ビットコイン(BTC)の将来性3.2024年は半減期

ビットコインの最も大きな価格変動が起きるタイミングは、「2024年の半減期」と言われています。

マイニングへのビットコインのブロック報酬は、約4年に1度ごとに半減する仕組みで、これを「半減期」と呼びます。

マイニングとは、ブロックチェーンの承認作業をして、報酬として新規発行したコインをもらうことです!

これにより、マイニングが獲得できるビットコインの報酬が半分に減少することになります。

これまでの半減期の実績から判断すると、半減期後にはビットコインの価格が上昇する傾向があります。

理由としては半減期によって供給量が減少することで、需要に対して供給が制限されるためです。

そのため今ビットコインを保有していれば、将来的に価値が上がる可能性があるでしょう。

ビットコイン(BTC)を購入する4つのステップ

1ビットコインいくら_step

では、ビットコイン(BTC)を購入する4ステップについて解説していきましょう。

基本知識をしっかりと理解した上で、ビットコインを始めましょう。

最短即日で、スタートできます!

ビットコイン(BTC)の購入1.口座開設

まずは、取引所で口座を開設します。スマホの場合は、取引所のアプリをインストールしましょう。

取引所を選ぶ際には、手数料やサポート体制、セキュリティなどを比較検討し、信頼性の高い取引所を選びましょう。

取引所で口座を開設するには、「18歳以上」で「運転免許証やパスポートなどの写真付き身分証明書」が提出できれば、誰でも無料でつくれます。

ビットコイン(BTC)の購入2.2段階認証の設定

セキュリティの強化のため、取引所にログインする際に必要な「二段階認証」を設定することが推奨されます。

一般的には、スマートフォンアプリやSMS認証が利用されます。

その他には、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、パスワード、二段階認証の設定などの登録が必要です。

ビットコイン(BTC)の購入3.日本円の入金

次に、日本円を開設した口座に入金します。

入金方法は主に下記の3つです。

  1. 銀行口座
  2. コンビニ
  3. インターネットバンキング

入金確認後からすぐ売買は可能ですが、コンビニからの入金やクイック入金の場合は、入金から7日間の出金制限があります。

取引所によって入金するための方法や手数料、入金限度額などが異なるため、確認した上で入金手続きをしましょう。

ビットコイン(BTC)の購入4.ビットコイン購入

口座に入金したら、取引画面からビットコインの購入ができるようになります。

購入方法は、「販売所」と「取引所」の二つの方法があります。

「販売所」の方が、取引は簡単ですが、販売所を介している分、利益としてスプレッドという手数料が発生します。

「取引所」の方が、手間はかかりますが、コスト面で有利に売買ができるのでおすすめです。

購入方法を選べたら、取引価格や数量、注文タイプ(成行注文や指値注文など)を選択して購入しましょう。

ビットコイン(BTC)の購入におすすめの仮想通貨取引所

1ビットコインいくら_取引所

では次に、ビットコインの購入におすすめの仮想通貨取引所について紹介していきましょう。

1ビットコイン(BTC)の購入におすすめ1.コインチェック

1ビットコインいくら_コインチェック

おすすめポイント
  • 取扱い通貨数が国内最大級
  • アプリダウンロード数NO.1※
  • 分かりやすく、見やすいツールが魅力
※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak

コインチェックは、取扱い通貨数が国内最大級で、アプリダウンロード数NO.1の取引所です。

全ての銘柄に500円の少額から投資できるので、始めて挑戦する方にもおすすめです。

さらにコインチェックは、ビットコインの現物取引手数料が無料というお得メリットがあります。

日本の仮想通貨市場においては知名度が高く、日本語サポートが充実しているので、問い合わせに迅速かつ丁寧に対応してくれます。

これらのことから、コインチェックは初心者から上級者まで幅広い投資家におすすめできる取引所といえます。

運営元 マネックスグループ株式会社
運営会社 コインチェック株式会社
取扱い銘柄数 29(2023年12月時点)種類
取扱い通貨 ビットコイン(BTC)|イーサリアム(ETH)|イーサリアムクラシック(ETC)|リスク(LSK)| リップル(XRP)|ネム(XEM)|ライトコイン(LTC)|ビットコインキャッシュ(BCH)| モナコイン(MONA)|ステラルーメン(XLM)|クアンタム(QTUM)| ベーシックアテンショントークン(BAT)|アイオーエスティー(IOST)| エンジンコイン(ENJ)|パレットトークン(PLT)|サンド(SAND)| ポルカドット(DOT)|フィナンシェトークン(FNCT)|チリーズ(CHZ)| チェーンリンク(LINK)|メイカー(MKR)|ダイ(DAI)|ポリゴン(MATIC)| イミュータブル(IMX)|エイプコイン(APE)|アクシーインフィニティ(AXS)| ラップドビットコイン(WBTC)
最小取引数量 販売所:500円相当額以上
取引所:0.005 BTC(500円相当額以上)
レバレッジ倍率 レバレッジ取引不可
日本円の入出金手数料 入金:0円~1018円/出金:一律407円
仮想通貨の送金手数料 変動手数料制
公式サイト https://corporate.coincheck.com/

メリット・デメリット

メリット ×デメリット
・アプリダウンロード数NO.1
・販売所での取扱銘柄数が多い
・全ての銘柄に500円の少額から投資できる
・レバレッジ取引ができない
・販売所のスプレッドが高い
・取引所の取扱銘柄数は少ない

口コミ・評判

実際に私が利用して見て思ったのは、購入もボタンを押すだけでとても簡単で手軽なので、利用しやすいということです。また不正ログイン保証があるので、もし携帯を無くしたりした時も安心できていいなと思いました。

仮想通貨取引所にコインチェックを選んだ理由としては、ビットコインはもちろんアルトコインの取扱い銘柄の多いからです。ネムやリップルなど今話題のアルトコインも当初から取り扱っていました。そしてまだ伸びしろがあり、今後注目されるアルトコインが眠っている可能性が大です。

国内外の仮想通貨取引所を数社利用していますが、その中でもサイトが見やすく使い勝手もいいのはcoincheckだと感じています。アルトコインの手数料はあまり安くないのは不満ですが、アルトコインの長期投資を考えている人はなかなか高利率のレンディングサービスを利用するのもいいと思います。

引用元:みん評(https://minhyo.jp/coincheck#review-pre-area)

公式サイト:https://corporate.coincheck.com/

1ビットコイン(BTC)の購入におすすめ2.bitFlyer

1ビットコインいくら_ビットフライヤー

おすすめポイント
  • ビットコイン取引量が6年連続NO.1※
  • 業界最長 7 年以上、ハッキング 0(ゼロ)で安心して利用できる
  • 1円からビットコインが買える
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む

2014年に設立したbitFlyerは、現在ある仮想通貨取引所の中で一番歴史のある取引所で、ユーザー数は国内最大級です。

また業界最長 7 年以上、ハッキング 0(ゼロ)で、セキュリティ面でも安心して利用できます。

bitFlyerは日本でNO.1のビットコイン取引量を誇っているため、高い流動性を持ち、取引が成約しやすいのがおすすめの理由です。

運営元 株式会社 bitFlyer
運営会社 株式会社 bitFlyer
取扱い銘柄数 25 (2024年2月時点) 種類
取扱い通貨 BTC(ビットコイン)|ETH(イーサリアム)|LTC(ライトコイン)|ETC(イーサクラシック)|BCH(ビットコインキャッシュ)|MONA(モナコイン)|LSK(リスク)|XRP(リップル)|BAT(ベーシック亜テーショントークン)|XLM(捨てらルーメン)|XEM(ネム)|XTZ(テゾス)|DOT(ポルカドット)|LINK(リンク)|XYM(シンボル)|MATIC(ポリゴン)|MKR(メイカー)|ZPG(ジパング)|FLR(フレア)|PLT(パレットトークン)|SAND(ザ・サンドボックス)|SHIB(シバイヌ)|AXS(アクシーインフィニティ)|MANA(ディセントラランド)|IMX(イミューダブル)
最小取引数量 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.001 BTC
レバレッジ倍率 2倍
日本円の入出金手数料 入金:0円~330円/出金:220円~770円
仮想通貨の送金手数料 0.0004BTC
公式サイト https://bitflyer.com/ja-jp

メリット・デメリット

メリット ×デメリット
・ビットコイン取引量が国内NO.1
・1円からビットコインが始められる
・最短10分で口座開設ができる
・レバレッジ取引はビットコインのみ
・取引所の取扱銘柄数が少ない
・仮想通貨の送金手数料がかかる

口コミ・評判

ビットフライヤーを使ってみた感想としてまずとてもシンプルなので初心者の方にもスムーズに口座に入金したり、仮想通貨を買ったりすることができると思いました。私がビットフライヤーを本格的に使っていこうと思った理由がビットフライヤーには「bitFlyer Lightning」があり取引板でチャートを見ながら取引ができるようになっています。

仮想通貨を扱う上で一番恐れているのは、ハッキングや不正などで、所有データごとビットコインがなくなって損することです。実際にデータ盗難事件が起きています。ビットフライヤーは日本では最も古くからビットコインの取引所を行っており、セキュリティの重要性を十分理解しているように思います。

一番メジャーな取引所なので、安心して利用出来るのではないかと選びました。朝口座を作り本人確認の書類をアプリで提出、夜帰宅時には認証されて取り引き出来る状態になっていました。ですので、サポートの対応は非常に早いと思います。

引用元:みん評(https://minhyo.jp/bitflyer#review-pre-area)

公式サイト:https://bitflyer.com/ja-jp

1ビットコイン(BTC)の購入におすすめ3.DMMビットコイン

DMM Bitcoin 公式サイト

おすすめポイント
  • あらゆる手数料が無料
  • レバレッジ取引の取扱銘柄数が国内NO.1
  • セキュリティ対策や万が一補償が整っている
  • 関東財務局から認定されているので安心安全

DMM ビットコインは、日本大手であるDMMグループの信頼性を背景に運営されているため、資金力は抜群です。

そのため、セキュリティ対策や万が一の補償も整っているので、安心して取引を行うことができます。

DMMビットコインの最大のメリットは、2倍までのレバレッジ取引が可能で、レバレッジ取引の銘柄数が国内NO.1です。

DMMビットコインの取引画面は、高機能かつ利便性が高いため、初心者でもわかりやすく、スムーズに取引を行うことができます。

また日本語のサポートも充実しているので、初心者でも安心して始めることができます。

運営元 DMM.comグループ
運営会社 株式会社 DMM Bitcoin
取扱い銘柄数 38種類
取扱い通貨 ビットコイン・イーサ(イーサリアム)・ラリップルなど
最小取引数量 販売所:0.0001 BTC
取引所:-
レバレッジ倍率 2倍
日本円の入出金手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
公式サイト https://bitcoin.dmm.com/

メリット・デメリット

メリット ×デメリット
・レバレッジ取引の銘柄数が国内NO.1
・安心安全で365日対応サポート
・機能性が高く豊富な取引ツール・アプリ
・販売所のみで取引所がない
・販売所形式でスプレッドが大きい
・現物取引の取扱銘柄数が少ない

口コミ・評判

ホームページは分かりやすく、日本人なりの考え方と論理性で構成されているような気がします。手数料0円などのお得なキャンペーンがよく行われており、サービスが充実しているなと思います。

まず、アプリがとても良くて気に入っています。デザインや使いやすさの面で評価できると思いました。次に、入金は日本円(JPY)、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)の3つだけなので微妙です

苦情や相談に関しては電話できるので安心感もあります。ビットコインの様々なリスクや注意事項も分かりやすく、金融知識が浅い人にとっても安心して判断できそうです。

引用元:みん評(https://minhyo.jp/dmmbitcoin)

DMM Bitcoin 無料口座開設

\ 新規口座開設キャンペーン実施中!/

DMM Bitcoin 口座開設

1ビットコイン(BTC)の購入におすすめ4.BITPOINT

1ビットコインいくら_ビットポイント

おすすめポイント
  • 各種手数料が無料で利用できる
  • 初心者向けの仮想通貨取引所
  • 取引ツールが使いやすいのが魅力

BITPOINTでは、ビットコインやイーサリアムをはじめとする多数の暗号資産の取引が可能です。また、日本円や米ドルを始めとする法定通貨との取引もできます。

またBITPOINTの取引手数料は、競合する他の取引所と比較しても比較的低く、取引手数料が安いことが魅力の一つです。

BITPOINTの取引画面はユーザーフレンドリーな操作性で、シンプルかつ使いやすいデザインになっており、初心者でも簡単に取引が行えるようになっています。

運営元 SBIホールディングス
運営会社 株式会社ビットポイントジャパン
取扱い銘柄数 21種類
取扱い通貨 ビットコイン・シバイヌ・ポリゴンなど
最小取引数量 販売所:500円以上
取引所:0.0001 BTC
レバレッジ倍率 レバレッジ取引なし
日本円の入出金手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
公式サイト https://www.bitpoint.co.jp/

メリット・デメリット

メリット ×デメリット
・各種手数料が無料
・少額から投資できるので初心者も安心
・機能性が高く分かりやすい取引ツール
・レバレッジ取引ができない
・取引所のスプレッドが大きい
・取扱銘柄数がやや少ない

口コミ・評判

数ある仮想通貨取引所の中からBITPOINT(ビットポイント) を選んだ最大の理由といたしましては、自動取引が可能であるという強みがあるからです。知らぬ間に大損してしまうといったデメリットを防ぐことが可能です。

利用してみて他の取引所との違いは、まず手数料の安さ+明確さです。大手の取引所はかなりの手数料をもっていかれますが、ビットポイントは圧倒的に安いです。

ビットポイントは他の仮想通貨取引所と比べ、取り扱っている仮想通貨の種類で遥かに劣っています。そのためほとんどビットコイン専用のサイトと言ってもいいかもしれません。しかし、円以外での通貨ペアでの運用ができるという珍しい特徴を持っています。

引用元:みん評(https://minhyo.jp/bitpoint)

公式サイト:https://www.bitpoint.co.jp/

1ビットコイン(BTC)の購入におすすめ5.LINE BITMAX

1ビットコインいくら_LINEビットマックス

おすすめポイント
  • 独自仮想通貨である「リンク(LN)」を扱っている
  • 各種手数料が無料で利用できる
  • 初心者向けの仮想通貨取引所

LINE BITMAXでは、ビットコインやイーサリアムをはじめとする多数の暗号資産の取引が可能です。また、日本円や米ドルを始めとする法定通貨との取引もできます。

またLINE BITMAXの取引手数料は、競合する他の取引所と比較しても比較的低く、取引手数料が安いことが魅力の一つです。

LINE BITMAXの取引画面はユーザーフレンドリーな操作性で、シンプルかつ使いやすいデザインになっており、初心者でも簡単に取引が行えるようになっています。

運営元 LINEグループ
運営会社 LINE Xenesis株式会社
取扱い銘柄数 6種類
取扱い通貨 リンク、ビットコイン、イーサリアムなど
最小取引数量 1円~
レバレッジ倍率 2倍(売りのみ)
日本円の入出金手数料 入金:無料/LINE Payへの出金:110円(税込)銀行口座への出金:400円(税込)
仮想通貨の送金手数料 0.001 BTC, 0.005 ETH, 0.15 XRP, 0.001 BCH, 0.001 LTC
公式サイト https://www.bitmax.me/

メリット・デメリット

メリット ×デメリット
・LINE上で簡単に取引ができる
・1円から投資できるので初心者も挑戦しやすい
・余ったLINE残高から取引が始められる
・取扱銘柄数が少ない
・取引所での取引ができない
・PCに対応していない

口コミ・評判

LINEからビットコインが購入できる時代がくるなんて 開設のハードルが鬼低い!
取扱い通貨はBTC/ETH/XRP/BCH/LTC。ただスプレッドが酷いな〜。

LINE BITMAXの暗号資産貸出 LNは年利8%!
さらに支払いは円ではなくLNのため LNが値上がりすれば 円では年利8%以上の効果!
BTCも3%で貸出し!
そしてこの貸出しの良い所は 1年ではなく期間30日 これなら値上がりしても 機会損失の可能性は少ないです

仮想通貨を日本円JPYに変えて支払いとかLINE Payとかで出来るから便利な世の中になりましたなぁ

引用元:Twitter(https://twitter.com/hashtag/BITMAX?src=hash&ref_src=twsrc%5Etfw)

公式サイト:https://www.bitmax.me/

1ビットコイン(BTC)の購入におすすめ6.Zaif

1ビットコインいくら_Zaif

おすすめポイント
  • Zaif独自のトークン通貨が豊富
  • 取引手数料が安い
  • 自動積立や自動売買が可能

Zaifは他では購入できないトークン通貨が豊富で、取引所自体の安定性も高いため、多くのユーザーから支持されています。

また自動積立や自動売買ができるので、初心者の方でも取引しやすくおすすめです。

Zaifは、チャートもみやすく、高機能な分析ツールが魅力的です。

運営元 株式会社CAICA DIGITAL
運営会社 株式会社Zaif
取扱い銘柄数 22種類
取扱い通貨 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) コスプレトークン(COT) シンボル(XEM) など
最小取引数量 0.001BTC、0.001ETH、0.001BCH
レバレッジ倍率 4倍
日本円の入出金手数料

《入金》銀行振込:無料
コンビニ入金:495〜605円
ペイジー入金:495〜605円

《出金》銀行振込:385〜770円

仮想通貨の送金手数料 0.0001~0.01BTCなど
公式サイト https://zaif.jp/

メリット・デメリット

メリット ×デメリット
・Zaif独自のトークンが豊富
・チャートが見やすく高機能
・取引手数料が安い
・レバレッジ取引ができない
・有名通貨の取り扱いが少ない

口コミ・評判

初めて仮想通貨取引を行う際にZaifを利用しました。
数ある取引所の中からZaifを選択した理由は、他社に比べて格段に安いという点です。

ザイフは結構利用者が多いので、まずこの点で安心感がありました。また、ほかの仮想通貨取引所では扱っていないようなアルトコインも豊富に並んでおり、この点は大幅な利益を狙っている方にとっては外せない部分であると思います。

zaifトークンやpepecashといったマイナーのトークンを扱っていたため、利用を始めました。どちらのトークンも数円と非常に手頃な価格だったため、多くの枚数を保有でき、結果大きな利益をあげることができました。

引用元:みん評(https://minhyo.jp/zaif?sort=high#review-pre-area)

公式サイト:https://zaif.jp/

1ビットコイン(BTC)の購入におすすめ7.GMOコイン

1ビットコインいくら_GMOコイン

おすすめポイント
  • オリコン顧客満足度NO.1※
  • 取扱銘柄が豊富
  • 大手GMOグループが運用で信頼できる
※2023年 オリコン顧客満足度® 調査 暗号資産取引所 現物取引 第1位

GMOコインは、東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」が運営しているため、信頼性が高い取引所です。

取扱い銘柄は定番のビットコインから、他ではあまりみられない通貨があるので、マイナーコインに興味がある方はおすすめです。

GMOコインの強みは、入出金・送金手数料が無料でコストを抑えられるので、効率よく運用できます。

運営元 GMOインターネットグループ
運営会社 GMOコイン株式会社
取扱い銘柄数 26種類
取扱い通貨 ビットコイン・イーサリアム・リップル・ネムなど
最小取引数量 販売所:0.00001 BTC
レバレッジ倍率 2倍
日本円の入出金手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
公式サイト https://coin.z.com/jp/

メリット・デメリット

メリット ×デメリット
・取扱銘柄が豊富
・現物取引・レバレッジ取引に対応
・手数料がすべて無料
・日本円でしか仮想通貨を購入できない
・販売所のスプレッドが大きい
・最低出金数が10,000円と高め

口コミ・評判

小さい元金でビットコイン取引をして大きな利益を狙いたかった私はレバレッジ倍率の高いGMOコインにて取引を行うことにしました。
最高25倍でレバレッジ取引が出来るので出来るので短期間で大きな利益を得たい人にはお勧めです。

手数料も無料ですし、仮想通貨も有名なもので厳選しているので、信頼できます。
スマホサイトで取り引きしているのですが、使いやすいです。

ネット大手GMOが運営する仮想通貨取引所です。
他にも仮想通貨取引所がありますが、GMOコインが一番利用しやすかったです。
なにより、GMOはネット業界で大手の部類に入るので、仮想通貨という不安な通貨を運営するには信頼がおける会社で取り引きしたいと思い、GMOコインを利用しました。

引用元:みん評(https://minhyo.jp/gmocoin)

公式サイト:https://coin.z.com/jp/

1ビットコイン(BTC)の購入におすすめ8.bitbank

1ビットコインいくら_ビットバンク

おすすめポイント
  • 販売所のスプレッドがお得
  • セキュリティの高い
  • 60種類以上のテクニカル分析ツールが利用できる

bitbankの魅力は、取引量が国内最大級という点でしょう。

またツールが高機能で、60種類以上のテクニカル分析ツールが利用できるので、おすすめです。

bitbankは日本円の入金はリアルタイムで24時間対応しており、土日を含めていつでも取引を行うことが可能です。

運営元 株式会社ミクシィ
運営会社 ビットバンク株式会社
取扱い銘柄数 38種類
取扱い通貨 ビットコイン・イーサリアム・リップルなど
最小取引数量 0.0001 BTC
レバレッジ倍率 なし
日本円の入出金手数料 《入金》銀行振込:無料

《出金》銀行振込:550〜770円

仮想通貨の送金手数料 0.0006BTC、0.005ETH
公式サイト https://bitbank.cc

メリット・デメリット

メリット ×デメリット
・セキュリティに強い
・高機能ツールが魅力
・リアルタイムで日本円の入金可
・操作が難しい
・レバレッジ取引ができない

口コミ・評判

スマホやパソコンから24時間使用できるので便利でした。アルトコインを安く取引できるのが魅力で使い始めたのですが、他の会社より手数料がかなり安くて良かったです。

取引開始にあたって、認証や入金確認の早さも魅力の一つでした。取引所によっては、必要書類は全て提出しても確認作業に半月ほど時間が掛かったり、不明な理由で断られることもあります。また、私の利用していた限りでは、サーバーがダウンしたり重くなって取引が不能に陥ったことはありません。

色々とインターネットで調べた結果、リップルを指値で購入できるのはビットバンクのみということを知り、ビットバンクを選びました。

引用元:みん評(https://minhyo.jp/bitbank?sort=high#review-pre-area)

公式サイト:https://bitbank.cc

1ビットコイン(BTC)の購入におすすめ9.ビットトレード(旧Huobi)

1ビットコインいくら?_ビットトレード

おすすめポイント
  • 世界170ヵ国、数千万人が利用している
  • 2円から取引可能できる
  • キャンペーンが豊富

ビットトレードは、海外の大手取引所・フォビグローバルを運用しているフォビグループが日本で設立した取引所となります。

2円からスタートできるので、初心者の方や少額投資をしたい方におすすめの取引所です。

ビットトレード(旧Huobi)は、世界中の多数のユーザーが参加しているため、高い流動性を誇っています。また、取引所自体の規模も大きく、市場に影響を与えることもあります。

運営元 ビットトレード株式会社
運営会社 ビットトレード株式会社
取扱い銘柄数 39銘柄
取扱い通貨 BTC(ビットコイン)HT(フォビトークン)ETH(イーサリアム)
最小取引数量 0.0005 BTC(買い)
レバレッジ倍率 2倍
日本円の入出金手数料 クイック入金:無料
出金:330円(税込)
仮想通貨の送金手数料 コインによって異なる
公式サイト https://www.bittrade.co.jp/ja-jp/

メリット・デメリット

メリット ×デメリット
・世界170ヵ国、数千万人が利用している
・2円から取引可能できる
・セキュリティが強い
・出金制限がある

口コミ・評判

2段階認証やSNS認証に加えマルチシグとコールドウォレットを使ってセキュリティ対策をしています。運営会社はFX業界の老舗で、取引所は金融庁に登録済みです。

チャートはTradingViewが採用されており、見やすく使いやすいのに加え高度なテクニカル分析ツールも充実してますよ。

ビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナーコイン、ビットコインという品ぞろえは、日本で仮想通貨を始めようと考えている初心者からやや投資に慣れた中級者にかけて過不足のないものだと思います。

引用元:みん評(https://minhyo.jp/bittrade)

公式サイト:https://www.bittrade.co.jp/ja-jp/

1ビットコイン(BTC)の購入におすすめ10.SBI VCトレード(旧TAOTAO)

1ビットコインいくら_SBIVCトレード

SBI VCトレードは、多彩な暗号資産の取引ができ、高いセキュリティ、使いやすさ、低い取引手数料、高い流動性などの魅力を持っています。また、SBIグループが運営しており、信頼性が高いことも大きな魅力の一つです。

おすすめポイント
  • SBIグループだから信頼性が高い
  • 住信SBIネット銀行との連携でさらに便利
  • スマホで簡単操作ができる

SBI VCトレードは、多彩な暗号資産の取引ができ、高いセキュリティ、使いやすさ、低い取引手数料、高い流動性などの魅力を持っています。

また、SBIグループが運営しており、信頼性が高いことも大きな魅力の一つです。

SBI VCトレードは、国内トップクラスの取引量を誇り、市場において高い流動性を有しています。取引所の規模が大きく、市場に影響を与えることもあります。

運営元 SBIグループ
運営会社 SBI VCトレード株式会社
取扱い銘柄数 20種類
取扱い通貨 BTC(ビットコイン)ETH(イーサリアム)LTC(ライトコイン)
最小取引数量 0.0001 BTC
レバレッジ倍率 2倍
日本円の入出金手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
公式サイト https://www.sbivc.co.jp/

メリット・デメリット

メリット ×デメリット
・信頼性が高い
・住信SBIネット銀行との連携できる
・スマホで簡単に操作可能
・取引銘柄数が少ない
・メンテナンス時は取引不可

口コミ・評判

パソコンよりもスマートフォンを操作するほうが多いのでスマートフォン専用アプリが配信されているのは嬉しいですし使いやすい仕様なのはありがたかったです。リップルやビットコインをはじめとして様々な仮想通貨で運用可能となっていて、数百円、数千円単位からでも利用可能になっているので初心者でも敷居は低いんじゃないかなと思います。

住信SBIネット銀行と連携することによって取引はとてもスムーズですし、各種手数料なども無料で利用することができるのでお得に活用できるのも良かったです。カスタマーサポートでいつでも相談できる体制が整っているのも安心です。

スマートフォンで気軽に仮想通貨取引がしたいと思い、利用しました。選択したのは、手数料が少ないからです。さまざまな取引をしてきましたが、取引や入金の手数料が必要なくてありがたく感じました。また、SBI関連の銀行口座を持っているので、出金する時の手数料も少ないです。

引用元:みん評(https://minhyo.jp/sbi-vc)

公式サイト:https://www.sbivc.co.jp/

1ビットコイン(BTC)いくら?でよくある質問

1ビットコインいくら?_よくある質問

ビットコインについてよくある質問をご紹介していきます。

ビットコイン(BTC)いくらから買える?

ビットコインを1 円から購入できるところがあります。

仮想通貨取引所によって、最小取引数量が決まっているので、各取引所をを確認しましょう。

初心者の方はまずビットコインのノウハウを身につけることが大切なので、1円や100円から始めるとよいでしょう。

ビットコインを購入する時に手数料はかかる?

ビットコインを購入する際には通常手数料がかかります。

手数料は取引所によって異なりますが、一般的には購入する金額や支払い方法によって手数料が変動します。

ビットコインを購入する前に手数料について事前に確認しておくことが重要です。

ビットコインはいくらで買うべき?

「いくらで買うか」というよりも、「余剰資金で購入すること」が大切です。

投資は必ずリスクを伴うことを頭に入れて、投資する際は生活に支障が出ないように、無理のない範疇で始めましょう。

まずは1円や100円からでも少額購入して、ビットコインについて理解してから、徐々にいくらか増やしていくとよいでしょう。

ビットコインは将来いくらになると言われてる?

未来のことを断定することはできませんが、AIによると5年後には2023年の10倍になるという予想されています。

これから機関投資家も増えると言われているので、市場価格は上がると期待できるでしょう。

ビットコインの最低購入額は取引所によって違う?

ビットコインの最低購入額は取引所によって異なります。

一般的に、取引所はユーザーが最低限購入する必要があるビットコインの数量を設定しています。

たとえばbitFlyerでは、最低購入額は販売所だと0.00000001 BTCとなっています。

ビットコイン(BTC)はいくら?まとめ

今回は1ビットコイン(BTC)はいくらか、価格や100円から買える取引所と今後も儲かるか解説しました。

いきなり高額投資はハードルが高いですが、ビットコインは1円や100円でも買えるので、初心者の方も始めやすいですよね!

また今回紹介したように、ビットコインは今後さらに価値が上がると予想されています。

ぜひ今のうちに、いくらか購入して挑戦してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です