[PR]このサイトにはプロモーションが含まれます。

仮想通貨取引所のスプレッドとは?比較一覧で狭い・手数料が安いおすすめを紹介!

仮想通貨取引所スプレッド_アイキャッチ画像

➡国内仮想通貨取引所で人気NO.1!コインチェックの詳細はこちら

スプレッドが何かわからない・・・

お得な取引所で取引したい!

といった悩みを抱える人は多いでしょう。

取引手数料が無料の取引所は多いですが、スプレッドは必ず発生してしまうのです。

結論、スプレッドが狭い方がお得に取引ができます。

今回は仮想通貨取引を行う上で知っておきたいスプレッドや国内の仮想通貨取引所のスプレッド比較表などを分かりやすくまとめて解説していきます。

仮想通貨取引所のスプレッド比較をまとめると
  • 仮想通貨のスプレッドは取引をする銘柄、取引所によっても異なる
  • 仮想通貨のスプレッドを抑えたいなら流動性の高い銘柄を選ぶ
  • 仮想通貨のスプレッドは購入価格から売却価格を引けば簡単に求められる
  • スプレッドを比較する時は銘柄ごとに取引所で最も安いスプレッドを比較
  • 仮想通貨のスプレッドが狭いおすすめの取引所はCoincheck(コインチェック)DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
Coincheck
Coincheck-口座開設
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー中西諒太
ファイナンシャルプランナー 中西諒太さん
静岡県出身。株式会社了代表取締役。アパレル販売員をしながら独学で宅建を取得。賃貸仲介・売買仲介・賃貸管理会社にて勤務を経て独立し現在に至る。 WEBメディア運営・監修・不動産賃貸業に従事。 中西諒太さんの公式サイトはこちら

仮想通貨のスプレッド比較表

仮想通貨取引所スプレッド_比較

まずは、仮想通貨の中でも代表的なビットコイン、イーサリアム、リップルのスプレッドを比較してみましたので、参考にしてください。

ただし、スプレッドは常に変動しているため、あくまでも目安程度にしてください。

取引所 スプレッド
(ビットコイン)
スプレッド
(イーサリアム)
スプレッド
(リップル)
Coincheck 328,800 28,460 8.765
DMM Bitcoin 87,189 8,151 3.326
BITPOINT 17,091 2,783 0.48
bitFlyer 322,333 27,964 9.6
GMOコイン 65,384 7,974 2.397
LINE BITMAX 12,892 1,007 0.023

※同時刻計測の販売所スプレッド

仮想通貨のスプレッドとは

仮想通貨取引所スプレッド_とは

仮想通貨のスプレッドは、通貨を購入する時の価格と、売却する時の価格の差を指します。

例えば、購入価格が120円で売却価格が100円だった場合、利益を出すためには20円値上がりする必要があるのです。

このスプレッドは本来の価格に上乗せされた手数料のようなもので、投資をするユーザーにとってはこの差が大きければ大きいほど利益を出すことが難しくなります。

仮に取引手数料が無料の取引所で取引をしたとしても、このスプレッドは各取引所や取引をする銘柄によっても異なり、スプレッドが一切発生しない取引所はありません。

スプレッドの計算方法

仮想通貨取引所の販売所形式では、「買値(Ask)−売値(Bid)」でスプレッドを算出できます。

例えば、1BTCの「Askが60万円」で、「Bidが57万円」なら、スプレッドは3万円となります。

多くの場合において、取引所の手数料よりも販売所のスプレッドの方が高額になることが多いです。

また、スプレッドは日や時間によっても変動し、今日は〇〇の方がスプレッドが狭くても、明日は△△の方が狭くなる場合もあります。

スプレッドが発生する理由

スプレッドが発生する理由は仮想通貨取引所は手数料として定めているからです。

取引所は通貨を高く売り、安く買い取ることでスプレッドによる利益を得ているためスプレッドが発生します。

Coincheck
Coincheck-口座開設

仮想通貨取引所のスプレッドを比較する時のポイント

仮想通貨取引所スプレッド_ポイント

続いて、仮想通貨取引所のスプレッドを比較する時のポイントを紹介します。

販売所と取引所で区別する

販売所と取引所でスプレッドは異なり、それぞれ利用する取引形式でスプレッドを比較しましょう。

販売所よりも取引所の方がスプレッドが狭い傾向にあるため、少しでもコストを抑えて有利な取引をしたいなら取引所で比較することをおすすめします。

スプレッドを同じ時間帯で比較する

スプレッドは一定ではなく、時間によっても変動します。

例えば、スプレッドの狭い取引所でも取引量が少ない朝殻や変動が激しいタイミングだと通常よりもスプレッドが広がる可能性があります。

そのため、取引をするタイミングによってスプレッドが変動するので、比較する時は同じ時間帯で比較するようにしましょう。

銘柄ごとのスプレッドを確認しておく

スプレッドは銘柄ごとにも異なるため、自分の取引したいと思っている銘柄のスプレッドを中心にチェックしておけば、スプレッドが一番狭い取引所を見つけやすくなります。

ビットコインはAの取引所が狭く、イーサリアムはBの取引所の方がスプレッドが狭い。

ということもありますので、銘柄ごとにスプレッドの数字を把握しておくことが大切です。

極端にスプレッドが高くなっていないかを確認する

色々な仮想通貨で取引を考えているなら、極端にスプレッドが広がっている銘柄がないかもチェックしておきましょう。

銘柄によっては極端にスプレッドが広くなっているものもあり、他の通貨と比べて明らかに広い場合は取引を避けるようにしましょう。

どうしてもその仮想通貨の売買をしたいなら、少しでもスプレッドが狭い取引所で取引するようにしましょう。

Coincheck
Coincheck-口座開設

仮想通貨のスプレッドが狭いおすすめの取引所

仮想通貨取引所スプレッド_取引所

ここでは、仮想通貨のスプレッドが狭いおすすめの取引所を紹介します。

第1位:Coincheck(コインチェック)

仮想通貨取引所スプレッド_コインチェック

出典:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)は金融庁登録済みの暗号資産交換業者であるコインチェック株式会社が運営している取引所です。

シンプルですっきりした見やすい取引画面で、暗号資産取引初心者にも使いやすくなっています。

Coincheck(コインチェック)なら簡単な操作でほったらかし投資はでき、長期的な運用で大きな利益が得られる可能性があります。

つみたて暗号資産サービスでは1日あたり約300円から「月イチつみたて」と「毎日つみたて」の2つのプランから選択できます。

時間分散によるリスクを抑えた投資もでき、損失を考えずに最小のリスクで投資をスタートできる点が魅力です。

また、一度設定しておけば自動で買付してくれるので、都度入金する手間もかかりません。

口座開設スピード 最短1日
入金手数料 770円~(銀行振込は手数用無料)
出金手数料 一律407円
取扱通貨数 29通貨
最小注文数量 500円相当額(販売所)
0.005BTC以上かつ500円相当額以上(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:0.000%
Taker:0.000%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)
Coincheck
Coincheck-口座開設

第2位:DMM Bitcoin

仮想通貨取引所スプレッド_DMMビットコイン

出典:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは日本円クイック入金手数料や日本円出金手数料、取引手数料などの各種手数料が無料で、手数料を気にすることなく利益を狙えます。

また、DMM Bitcoinでは土日祝を含めた365日対応のサポートがあり、お問い合わせフォームやLINEで気軽に相談ができるので、初めての仮想通貨取引でも安心です。

セキュリティ面でもDMMグループで培われた高いコールドウォレット運用、不正ログイン防止などでユーザーが安心して取引できる環境を提供しています。

ほったらかし投資でもスマホで簡単にチェックすることができ、取引タイミングが訪れてもタイミングを逃すことなく利益を狙えます。

DMM Bitcoinでは販売所方式とオークション方式のハイブリッド注文方法もでき、ほったらかしにするビットコインとは別に、他の通貨で数量を気にせず、条件があった価格でいつでも売買できることも魅力です。

口座開設スピード 最短1時間
入金手数料 0円(クイック入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 38通貨
最小注文数量 0.0001 BTC(販売所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 -(取引所取引はなし)
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)
DMM Bitcoin 無料口座開設

\ 新規口座開設キャンペーン実施中!/

DMM Bitcoin 口座開設

第3位:GMOコイン

仮想通貨取引所スプレッド_GMOコイン

出典:GMOコイン

GMOコインはGMOインターネットグループが運営する取引所です。

手間いらず毎月500円から始められる”つみたて暗号資産”では、設定さえしておけば毎月ビットコインなどの仮想通貨を積み立てられるので、ほったらかしで資産形成が叶います。

積立だけでなく、貸暗号資産ベーシックや貸暗号資産プレミアム、ステーキングなどのほったらかしに最適なサービスも充実しています。

また、GMOコインでは即時入金手数料や出金手数料などの各種手数料が無料になっているので、手数料を気にせずに快適に利用できる点も特徴です。

セキュリティ面もしっかりしており、システムへの侵入対策やコールドウォレット管理、マルチシグ対応でユーザーの大切な資産を守ります。

口座開設スピード 最短10分
入金手数料 0円(即時入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 26通貨
最小注文数量 0.00001 BTC(販売所)
0.0001 BTC(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)
GMOコイン
GMOコイン-口座開設

第4位:bitFlyer(ビットフライヤー)

仮想通貨取引所スプレッド_ビットフライヤー

出典:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引量6年連続No.1の仮想通貨取引所です。

販売所の売買手数料やビットコインFXの取引手数料、三井住友銀行からの振込手数料などが無料で、気軽に使えます。

また、bitFlyer(ビットフライヤー)はこれまで業界最長7年以上ハッキング0件を記録しており、安心して利用できる環境が整っています。

ほったらかしにしたビットコインがいつのまにか無くなっていたということは考えにくいので、ほったらかし投資にはおすすめの取引所と言えるでしょう。

積立投資ではビットコインを含む18種類の銘柄を1円から売買でき、少額からコツコツ積み立てて安定した利益も狙えます。

口座開設スピード 最短10分
入金手数料 330円(クイック入金)
※住信SBIネット銀行は0円
出金手数料 3万円未満:550円
3万円以上:770円
※三井住友銀行は上記金額より330円安い
取扱通貨数 22通貨
最小注文数量 0.00000001 BTC(販売所)
0.001 BTC(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 直近30日の取引量に応じて0.15% BTC以下
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

第5位:bitbank(ビットバンク)

仮想通貨取引所スプレッド_ビットバンク

出典:bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)はワンタップでビットコインが買える取引所です。

仮想通貨取引量は国内No.1で、流動性が高いことでも好評です。

使いやすく安定したアプリでは外出先でも気軽にトレード可能で、取引のチャンスを逃しません。

bitbank(ビットバンク)に積み立て機能はありませんが、手数料も安く、ほったらかし投資にはおすすめの取引所です。

bitbank(ビットバンク)でも取引手数料はMaker:-0.02%、Taker:0.12%となっており、Makerのマイナス部分は報酬になります。

口座開設スピード 最短1日
入金手数料 0円
出金手数料 550円 / 770円(3万円以上)
取扱通貨数 38通貨
最小注文数量 0.00000001 BTC(販売所)
0.0001 BTC(取引所)
積立暗号資産 不可能
取引所手数料 Maker:-0.02%
Taker:0.12%CC
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

仮想通貨のスプレッドが狭い銘柄4つ

仮想通貨取引所スプレッド_銘柄

ここでは、スプレッドが狭い仮想通貨銘柄を4つほど紹介します。

スプレッドが狭い仮想通貨銘柄

ビットコイン

ビットコインは仮想通貨の中でも最も時価総額が高く、メジャーな通貨です。

仮想通貨取引をしたことがない人もビットコインは聞いたことがある人も多いでしょう。

ビットコインは他のアルトコインと比べても流動性が非常に高く、それが影響してスプレッドも狭くなっています。

そのため、初めての仮想通貨取引には一番おすすめの銘柄とも言えます。

イーサリアム

イーサリアムはビットコインに次いで世界で2番目に時価総額が高い仮想通貨です。

最近では、メタバースやNFTブームが影響して注目が高まり、今後の期待度が最も高い通貨とも言えます。

そのため、スプレッドも狭く、利益を出しやすい通貨とも言えるでしょう。

リップル

リップルは仮想通貨取引所によっても異なるものの、取引所によっては1円以下のスプレッドで提供しているところも多いです。

元の金額が安い点も影響していますが、徐々にスプレッドは狭い状況となっています。

ただし、取引所によってスプレッドに差が出やすい通貨でもあり、3円以上のスプレッドを実現しているところもあります。

そのため、リップルを売買する時はスプレッドの狭い取引所選びが重要になるでしょう。

モナコイン

モナコインもスプレッドが狭い仮想通貨の一つです。

リップル同様に扱われている金額が小さいという要素も持っており、コストを抑えて売買ができます。

また、モナコインは日本で生み出された仮想通としても期待されている銘柄で、今後さまざまな用途で使われる可能性を秘めています。

Coincheck
Coincheck-口座開設

仮想通貨のスプレッドを抑えるコツ

仮想通貨取引所スプレッド_コツ

続いて、仮想通貨のスプレッドを抑えるコツを紹介します。

販売所ではなく取引所で売買する

販売所よりも取引所の方が圧倒的に取引コストが少ないです。

そのため、取引に慣れた人やスプレッドを抑えたい人は取引所で売買するのがおすすめです。

ただし、販売所よりも取引所の方が取扱い銘柄が少ない傾向にあるため、状況に応じて使い分けるのが良いでしょう。

通貨ごとに取引所を変える

スプレッドは同じ通貨でも取引所によっても異なります。

そのため、取引したい通貨ごとにスプレッドが狭い取引所を選んで売買するのも一つの方法です。

仮想通貨取引所は複数口座開設をしても問題ないため、事前に複数の取引所で口座開設をしておけば、通貨ごとに取引所を変えて売買できます。

取引所によっても、同じ時間帯で1,000円以上の差が出てくることも多いため通貨ごとに取引所を変えるのはおすすめです。

取引量の多い通貨で取引する

スプレッドを抑えるためには、取引量の多い通貨で取引するのもポイントです。

スプレッドは通貨ごとにも異なり、取引量が多い通貨ほどスプレッドも安定しています。

ビットコインやイーサリアム、リップルなどの主要な通貨は取引量が多く、価格が安定しているため初心者におすすめの通貨です。

取引量を減らす

販売所でスキャルピングやデイトレードなど、1日で何度も取引をするスタイルの場合はその度にスプレッドが発生してしまいます。

そのため、できるだけ取引量を減らして、1回で得られる利益を増やす方がコストを削減することができます。

MEMO

スキャルピングとは数秒から数分程度の極端に短い時間に、何度も売買を繰り返して利益を積み重ねるトレード手法

デイトレードとは1日の取引時間中に売買を完結し翌日にポジションを持ちこさない取引手法

出典:野村証券

DMM BitcoinのBitMatch機能を利用する

DMM Bitcoinには、販売所と取引所のハイブリッドのような注文方法ができるDMM Bitcoin機能を採用しています。

取引相手はDMM Bitcoinとなり、販売所形式に近い形にはなりますが、買い手と売り手をマッチングさせて成立させてくれるため、取引所の良い面も持っています。

このように、販売所のように数量を気にせずいつでも売買できるだけでなく、スプレッドのないトレードも可能です。

ただし、DMM Bitcoin機能はDMM Bitcoinでしか取り扱っていないため、利用する時はDMM Bitcoinでの口座開設が必須です。

DMM Bitcoin 無料口座開設

\ 新規口座開設キャンペーン実施中!/

DMM Bitcoin 口座開設

仮想通貨のスプレッド比較のQ&A

仮想通貨取引所スプレッド_Q&A

最後に、仮想通貨のスプレッド比較に関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

仮想通貨のスプレッドが広すぎると儲からない?

仮想通貨のスプレッドが広すぎると、実質的な手数料が高くなるため儲かりにくいのは事実です。

そのため、仮想通貨で利益を出すためにはスプレッドや手数料などの損の少ない取引所を選ぶのが良いでしょう。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドが狭い取引所はどこ?

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドが低い取引所はCoincheck(コインチェック)、 DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)、BITPOINT(ビットポイント)などです。

スプレッドの計算方法が知りたい!

仮想通貨のスプレッドは購入価格から売却価格を引けば簡単に求められます。

例えば、購入価格が70万円で、売却価格が67万円の場合は、

70万-67万=3万円

このように、スプレッドが3万円ということがわかります。

スプレッドが広くなる原因は?

スプレッドが広くなる原因は流動性の低い通貨を選んでいる点が挙げられます。

そのため、流動性の多い通貨や流動性の多い時間帯に取引するようにしてみてください。

仮想通貨のスプレッド比較のまとめ

今回は仮想通貨取引を行う上で知っておきたいスプレッドや国内の仮想通貨取引所のスプレッド比較表などを分かりやすくまとめて解説してきました。

スプレッドは購入価格と売却価格の差を指します。

仮想通貨だけでなく、投資の世界では手数料などの無駄なコストを削減して、安く買い、高く売るのが大事です。

また、スプレッドは常に変動しているため、比較表はあまり参考にならないかもしれませんが、スプレッドの仕組みを理解するだけで損失を抑えて利益を出しやすくなります。

取引所によってもスプレッドは異なるため、複数の口座を持っておいて、タイミングや取引をする通貨によって使い分けることが大切です。

スプレッドでなるべく損をしないためにも、販売所のスプレッドが狭い方で、取引所にもスムーズに移行できるコインチェックなどで取引するのがオススメです。

Coincheck
Coincheck-口座開設
⚫️お金の学び舎(以下、当サイト)は情報提供を目的としており、掲載されている商品やサービスの効果を保証するものではありません。
⚫️当サイトの情報は確実性や信頼性を保証するものではなく、掲載されている評価は独自の調査に基づくものです。
⚫️掲載されている手数料や価格情報は掲載時点のものであり、最新情報は公式サイトで確認してください。
⚫️当サイトに掲載されている情報の著作権は当サイトまたは情報提供元に帰属し、無断での利用は禁止されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です